FC2ブログ

記事一覧

4000年の漢方などの歴史を持つ中国の優れた食材の一つ黒香酢のサプリメント紹介です。中国産の黒香酢と高知県産のショウガを原料にした、健康増進サプリをご紹介します。

病気というほどでもないけれど、肩こり、だるさ、冷えなどの不調が続き、
なかなか抜け出せない。そんなことはありませんか?
日頃から、睡眠や運動が足りなくて、食事は不規則、ストレスは過剰、
こんな悩みに現代人は多く悩まされています。
これらの心と、体の不調には漢方、ハーブが効果があります。 


*** 最初に中国発祥の漢方を活用した健康法の入門記事です。

** 漢方の考え方の一つに”気、血、水”があります。

”気、血、水”は体の各部分が作用する仕組みを表し、
これの強弱を把握すると現状の体の調子を分かります。

体を健康に保ち、病気を防ぐためには、自分の体の状態を知ることができます。
そのカラダを調べる「漢方の物差し」として重要なものが
”気、血、水”です。この物差しは、「体を支える3つの重要要素」を調べます。

3本柱すべてがしっかりしてこそ、健康な体を維持することができるのです。

”気、血、水” の3本柱が今の自分の体の状態、
「これを体質と言います」を表しています。

気血水とは、簡単に例えれば“体の状態を表す指標です”です。
体の状態が良好ならばこれらの指標が良い状態にあります。

”気、血、水”の3本の柱に支えられた体は、この柱が強固で、良好ならば
良い状態であると言えます。 

太くて丈夫な“気血水の3本の重要な柱”が協力し合いしっかり体を支えることで、
体は健康な状態を保て、ストレスや天候の変化、疲れなど、
さまざまな逆風にもビクともしない強いカラダになれます。

しかし、もしも、この3本の柱が細くなったり、傾き出したらどうでしょう。
カラダは弱くなり、壊れやすくなります。
つまり、病気になりやすくなるのです。

人によって“どの柱が弱くなりやすいか”“どの柱が傾きやすいか”は
傾向があり、特徴があります。

気の柱が弱くて、傾きやすい人もいれば、血の柱が貧弱で、細くなりやすい人もいます。
また、トラブルをかかえる柱は1本とは限りません。
全ての柱が傾いているような人もいます。
この違いを漢方の世界では「体質」といいます。

*** 気血水の物差しで分かる6つの状態

気血水の物差しで3本柱をみることで、大きく6つの状態がチェックできます。

■気の柱

** カラダの元気度合
元気・エネルギーが足りているかどうかです
元気が不足している状態を「気虚(キキョ)」といいます。

** カラダのストレスチェック
ストレスがカラダに溜まって悪影響を及ぼしていないか
悪影響を及ぼしている状態を「気滞(キタイ)」といいます。

■血の柱

** カラダの栄養チェック
カラダの栄養がきちんと足りているかどうか
栄養が足りていない状態を「血虚(ケッキョ)」といいます。

** カラダの血の巡りチェック
カラダの隅々までしっかり栄養が巡っているか、どこかで滞って溜まっていないか
滞っている状態を「瘀血(オケツ)」といいます。

■水の柱

** カラダの潤いチェック
カラダに潤いが足りているか
潤いが足りていない状態を「陰虚(インキョ)」といいます。

** カラダの水の巡りチェック
カラダの隅々までしっかり水が巡っているか、どこかで滞って溜まっていないか
滞っている状態を「水滞(スイタイ)」といいます。

あなたの体の状態、体調は現在どんなところ?

気血水の物差しで体の状態をチェック出来ます!!

<< この記述は2006年ごろ整体を勉強した時のノートです >> 
******************************************

*** 漢方薬の材料となる生薬色々

   ( いろいろな漢方生薬、精油など )
漢方薬素材043

*** ショウガについて

ショウガは体を温める機能を持った代表的な食材です。
高知県が生産日本一です。

< ショウガの例 >

ショウガ0es

   ( ショウガは根菜です )
ショウガas


*** 次に漢方薬、ハーブなど具体的に漢方の処方を受ける場合についてです。

** 現代人の生活の歪みが、心と体のダブル不調を招いています。

** 生活習慣のチェック項目

1 : 睡眠時間は6時間未満です。

2 : 午前0時前に練ることはほとんどない

3 : 運動は週に一回程度もやらない

4 : 一日中座りっぱなし、歩くことはあまりしない

5 : 季節や旬に関係なく同じものを食べる

6 : 冷たい食べ物や飲物をよくとる

7 : 夜遅く食べたり、昼食を抜いたりする

8 : 1年中、入浴はシャワーで済ませることが多い

9 : 寝る直前までパソコンや携帯メールを使う

10 : ストレスを解消する暇もない 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

** 現代人の生活の歪み

1 : 睡眠不足

2 : 運動不足

3 : 食生活の乱れ

4 : ストレス過剰

** 現代人の体の不調

1 : 冷え

2 : コリ、痛み

3 : だるさ

** 現代人の心の不調

1 : 気分が落ち込む

2 : イライラ

3 : 不眠

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

** 現代人が悩む不調の10項目 (割合は約20%-70%)

1 : 疲れやすい

2 : 肩こり、腰痛

3 : 目が疲れやすい

4 : だるい

5 : 肥満、太りやすい

6 : 頭痛

7 : 不眠、熟睡できない

8 : 冷え性

9 : 胃腸が弱い、もたれる

10 : 便秘

*** << これらのデータは、東京銀座で皮膚科を開業する意思が、
開業医が問診で、睡眠時間、運動の習慣、食事内容を聞いたデータです。 >>


来院する患者は肌の悩みを持っています。生活習慣の乱れが肌トラブル、
他の体の不調につながっています。

実際に問いただすと、睡眠が6時間未満がほとんどで、
運動は10分も歩いていない、そしてダイエットでサラダを多く食べ、
タンパク質は不足しています。

これらの悪い生活習慣に、人間関係や、仕事によるストレスが加わって
生活の歪みを生じ、ホルモンや自律神経のバランスを乱します。

その結果上の様ないろいろな症状をすのです。

そのうえ、症状は肩こり、冷え、不眠、イライラなどの
ダブル不調を現し、また、頭痛が良くなったらイライラが出る、
ストレスが原因の冷えが不眠を伴うなどの様に、複雑に絡まりあいます。

< スポンサーリンク >
中国産の黒香酢を原料に凝縮して、錠剤にしたサプリです。
1日2粒で理想の体型へサポート

*** 未病レベルの心身の不調を、漢方、ハーブが解消する

そのような心と体のダブル不調に漢方が役立ちます

漢方には「心身一如」という言葉があり、心の問題も、体の問題も
同じ次元で考えて、治療体系を深めてきました。

漢方で心の不調と、体の不調が一度に解決できるのはそれが理由です。

ハーブやアロマテラピーもまたダブル不調に有効です。

ハーブティーや、アロマの精油に含まれる成分は、自律神経、ホルモン
を穏やかに整えて、心と体の両面に働きかけます。

漢方、ハーブ、アロマは、予防的にも使えて、西洋医学の薬が
鋭い効き目と、副作用をあわせもつのに対して、
これらは副作用が小さく未病段階の不調解消にも役立ちます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** 漢方、ハーブ、アロマを利用する場合の方法 

不調が重なっている人には漢方を、セルフケア―をしたい人は、
 ハーブ、アロマをお勧めします。

** 漢方薬で不眠と一緒にいろいろな不調が改善しました。

* 漢方の使用例

不眠を訴える中高年に人に、中将湯を主成分の生薬製剤を2週間飲んで頂いた。
主な不調の不眠は82%が改善し。その他冷え性、イライラ、肩こり、
頭が重い、むくみが50%前後改善しました。

* ハーブの使用例

不眠を訴える人に、バレリアンを含むハーブティーを1週間飲んで頂いた
結果不眠の症状が改善しました。

** 漢方、ハーブ、アロマの使い分け

漢方薬は専門知識を持つ漢方医に処方してもらう、
ハーブは効き目が穏やかなのでセルフケア向け、
アロマはハーブに比べ有効成分の濃度が高いので使い方をよく知ってから、                                  
セルフケア―に使うことが良いです。        
                                                                                                                                  
** 漢方の市販薬を利用する場合は次の注意が必要です。

なおしたい症状が一つで、風邪の様に分かり易い、急性の病気ではある程度
自分でも判断出来ます。

逆にいくつもの症状が重なっていたり、いくつかの症状が交互に出る場合などは、                          
専門家に相談することが良いです。
                                                                                                                                                           
** セルフケア―の時の注意

セルフケア―では自分にあった方法を考えることも重要です。
一方、今つらい症状がないときは、薬膳から始めてみることもお勧めです。
血の巡りをよくして、冷えを防ぐなど、冬の不調の対処できる、
ショウガ、長ネギなど身近な材料で始められるのす。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++               

*** 冷え対策に基本の食材はショウガです。

中国には「食欲がないときはショウガを食べなさい」ということわざがあるほど、
食欲増進に効果があります。

辛み成分の、「ジンゲロン」、「ジンゲロール」などが血行を促して、
体をあたためて、代謝を上げます。

タンパク質分解酵素を含み消化を助けます。

摂取する方法は、こまめに摂るにはソースにします。
たっぷりと摂るには主食のご飯に混ぜて食べます。

(ショウガを摂る料理例 1 )

白身魚のショウガオイルソースかけ 

白身魚ショウガオイルソースかけ題

(ショウガを摂る料理例 2 )

ショウガご飯

ショウガご飯題


(ショウガを摂る料例 3)        
                                                                                                                                                              黒糖ショウガ湯    

  黒糖ショウガ湯題
                                                          
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*** 黒砂糖について

黒い食べ物は、気(エネルギー)血(けつ=血液)の巡りをよくして
体を温める。繰る砂糖には、心を穏やかにする作用もあります、
体を冷やす白砂糖の代わりとして、飲物に入れるか、煮物にも活用すると良いです。
しかし、含まれるミネラル分の働きで素材が固くなることがあります。

< スポンサーリンク >

中国産の黒香酢を原料に凝縮して、錠剤にしたサプリです。
1日2粒で理想の体型へサポート


******************************************

*** 鎮江香醋について調べました。

鎮江香醋(ちんこうこうさく、ちんこうこうず、中国語 ジェンジアンシアンツー Zhènjiāng xiāngcù)は、
中国江蘇省鎮江市の名産である調味料。「醋」は「酢」の異体字であり、
日本の常用漢字では「鎮江香酢」とするのが正しいが、
本項においては慣用に従い「鎮江香醋」と表記する。

概要[編集]

黒酢の一種である。中国においては、「中国地理標志産品」と呼ばれる
地域特産ブランドに指定されている。

山西省の山西老陳醋、福建省の永春老醋とともに「中国三大名酢」に挙げられ、
また、さらに四川省の保寧醋を加えた「中国四大名酢」の一つに挙げられる。

もち米を発酵させ、酒を作った後、籾殻を加えて攪拌し、酢酸菌をもって酢化させる。
籾殻のために変色し、独特の黒色を帯びる。3週間ほどで酢化させたのち、寝かせて熟成させる。
熟成は半年から数年かけることもある。このため、通常の酢のような刺激味が少なく、
アミノ酸による濃厚な風味があり、香りがよいのが特徴である。

用途[編集]

江蘇省をはじめ、江南の地では調味料として酸味を加えるのに盛んに用いられている。
料理の例では、無錫市の名物で、無錫排骨と呼ばれる、
酢豚に似た風味の煮込み料理に鎮江香醋は欠かせない。

食卓においても、江蘇名物の上海ガニを食べる際には、蒸したカニの身をほじくり出しつつ、
細切りの生姜を入れた鎮江香醋につけて食べるのが定番である。
これによってカニの持つ「寒」の性質を中和できると考えている。

また、鎮江名物のひとつである肴肉を食べる際にも、鎮江香醋は欠かせない。
鎮江の人は、他にも蒸し餃子などの点心や、鍋蓋麺(簡体字 锅盖面)
と呼ばれる麺料理を食べる際にも鎮江香醋で風味を加えることが多い。

日本国内においても、一部の中国料理店では鎮江香醋を用いた料理を供していたり、
餃子などに用いる調味料として鎮江香醋を卓上に備えていることがある。

日本では、従来あまり知られていなかったが、1990年代以降の健康ブームの中で、
アミノ酸を多く含む「黒酢は健康によい」ともてはやされたため、
健康食品のひとつとして盛んに紹介されるようになった。そのため、
調味料として用いられるよりも、湯などで割って飲用したり、
ソフトカプセルに入れたサプリメントとして服用されることが一般的である。

<< 出典元 ウキペディア >>

*** 黒酢の効果 含まれる重要な栄養素

1 : 必須アミノ酸

黒酢に含まれる9種類の必須アミノ酸は、以下の通りです。

ロイシン、リジン、ヒスチジン、メチオニン、トレオニン、トリプトファン
バリン、イソロイシン、フェニルアラニン です。


健康維持に必要な毎日を元気に過ごす物質、毎日のこコンディションを
整えて、支える成分には、ビタミン類があります。

2 : ビタミンB

エネルギーの源になって、代謝に必要な元気の素物質、
美容にも必要です。


< スポンサーリンク >
中国産の黒香酢を原料に凝縮して、錠剤にしたサプリです。
1日2粒で理想の体型へサポート

***************************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア