FC2ブログ

記事一覧

ここ10年西洋医学との併用が検討されている東洋医学(漢方)についてのテレビ動画。夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】、卵殻膜サプリ、脚のむくみに朝飲んで夕方まで効果があるサプリのご紹介。

「漢方のこと」 NHK9月24日 ”丸ごと東洋医学”を視聴しました。

* 夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】のご紹介です。
肩こり,頭重,耳鳴りにも適しています。
* ベビーコラーゲンの生成をサポートする今注目の卵殻膜、「シスチン」のサプリ。
* 美容や健康、ニオイの原因に着目した充実のサポート成分を配合したサプリ。
* 1日立ちっぱなしでもむくまない!!そんなサプリのご紹介。
これらの項目も載せています。


内容は東洋医学のホントに力を検証したものです。
ツボ、経絡、鍼灸、耳つぼ、漢方薬、実際の漢方治療、
そして、薬草と日本に2か所ほどある漢方の薬学部での授業などです。

*** 鍼灸のホントの実力を芸能人が体を張って試して、その実力を検証します。


( 東洋医学の内容 )

東洋医学の内容題


*******************************
*** 私の東洋医学とのかかわり ***
++++++++++++++++++++++++++++++++
 私は2005年ごろから2010年ごろまで、間接的に中国整体、  
 足裏治療サロン(リフレクソロジー)に関係しました。                                 
 その時リンパマッサージについても講習を                 
 受けて免状を保有しています。                                                 
 同時に東洋医学(中医学)についても勉強しました。         
 ここ文章はその時勉強したことを元にしています。             
                                           
 またその時の講習会の内容は下記のブログに記載してあります。 
 http://nakazawapost2.seesaa.net/                   
+++++++++++++++++++++++++++++++++
********************************* 


** 芸能人の 土田晃さんが鍼を体験します。

** 鍼とは  :  鍼とは直径0.2㎜ほど、長さ7㎝位の金属の針です。

( 鍼の外観 )

鍼CS


まず動物実を見ましょう。ラットを一匹だけ孤立状態にしておくと、
ストレスがたまり攻撃的になります。

ストレスホルモン、オレキシン濃度が高くなります。
そのラットの頭にツボに鍼をすると、落ち着いておとなしくなります。

仕事で疲れた状態の土田さんの百会(頭のてっぺんのツボ)に針を刺します。
精神がリラックスして落ち着いた状態になります。

次にうつぶせになってもらい、脊椎の並びの歪み(曲がり)を検査します。
一つずつ背骨見て、ペンで印をつけます。

を首の部分から、背中の上部までですが、ひどくくねっていました。

この原因は、人は立って動くようになって、頭の重さを支えるために
首から背骨の部分に大きい力がかかります。

また左右の手になのか持つと肩にかかる力がバランスを崩します。

その結果首から下の背中上の部分の脊椎が、肩と背中の筋肉の、張り具合
のアンバランスな力で引っ張られて脊椎の各骨が曲がるのです。

脊椎は積み木を積み上げたように小さな部分が積みあがってできています。

( 鍼治療の実際 )  

鍼背中題


鍼治療題


そこで、脊椎の両側の筋肉部分に30本の針を並べて打ちます。

鍼を刺すことは、神経が集まるツボに刺激を与えることです。

15分ほどすると、脊椎の曲がりはだいぶ修正されました。

*** 筋肉の張り、こわばりはどうして分かるのか?

スポーツ心理学の専門家によると、筋トレで張った筋肉のこわばりは、
超音波の反射画像を液晶画面に可視化して表示することで見ることができます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

*** ツボとは何か ? どういう場所なのか ?

神経や血管が集まり、分岐する場所です。神経に刺激を与えやすい場所でもあります。

ツボへの刺激で血流改善できます。
しかしそのツボは、位置によって深かったり、浅かったりします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** 明治国際医療大学の伊藤先生が治療をして、実演します。

肩こりの治療です。
肩の周り、背中に20本ほどの鍼を打ちます。また足にも打ちます。

ツボは経絡という、線状の線でつながっています。

そのため、肩に効くツボが、足にあることもあるのです。

この経絡の関係は、西洋医学のトリガーポイントの考えにつながっています。

また肩こりの人4人に鍼治療をします。痛みはみな肩、腕、手です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現代医学で分かってきたことは、痛む場所と、原因になる場所が異なることです。

腰痛、こりのツボは腎愈です。ここを押すのには、ボールペンのような尖ったものはNGです。

ソフトボールのようなもので、全体を押すようにします。
天宗(肩の下)にソフトボールを入れて、仰向けに寝て押圧します。

********************************************

< スポンサーリンク >

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】のご紹介です。

【生漢煎 八味地黄丸】の生薬、効能、どんなお悩みに
効能が発揮されるかは次のようです。

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く ー第2類医薬品【薬品生漢煎 八味地黄丸】
○「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は,中高年の方の体力の衰えや,
老化による腰痛,残尿感,夜間頻尿,軽い尿漏れなどによく効きます。
○八味地黄丸「オオクサ」は,8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で,
独特な香味を持ち,大変のみやすくなっています。
○高血圧に伴う肩こり,頭重,耳鳴りにも適しています。

「八味地黄丸」は、体を温め、体全体の機能低下に元に戻していく処方です。
「気」「血」「水」 を増やし、めぐらせる生薬と、体を温める生薬の組み合わせで、
頻尿や軽い尿もれ、残尿感、 夜間尿などを改善していきます。
また、「腎気丸(じんきがん)」の別名があるように、
昔から“腎虚(じんきょ)”に対して用いら れてきました。
漢方でいう腎とは、現代医学でいう腎臓だけでなく、副腎、膀胱、
そして生殖器 を含めた総称です。「八味地黄丸」は、腎のはたらきを良くする
生薬を主薬に8種類の生薬が 配合され、
新陳代謝機能を高めて中年以降の保健薬・治療薬として効果があります。

【こんなお悩みのある方に】
・頻尿(尿意が我慢できなくなった)
・残尿感(残っている感じがする)
・排尿困難(排尿に時間がかかる)
・夜間尿(夜トイレに起きる)
・軽い尿漏れ(クシャミするのがこわい)
・高齢者のかすみ目(かすんで見えにくい)
・腰痛(腰が痛い)
・下肢通(足が痛い)




< スポンサーリンク >

天使のベビーコラーゲンのご紹介です。

このサプリの特徴や、お取りいただく事おすすめするターゲットユーザー
をご説明します。

●Wコラーゲンを配合
・ベビーコラーゲンの生成をサポートする今注目の卵殻膜
・コラーゲントリペプチド

ベビーコラーゲンは赤ちゃんのときには多く含まれているのですが
25歳前後から減少していく傾向にあり、
ベビーコラーゲンが少なくなってしまうとお肌の悩みを加速させてしまうんだとか。
しかもベビーコラーゲンは食品からは摂取出来ません・・・

そこで!!
天使のベビーコラーゲンではベビーコラーゲンの生成をサポートする卵殻膜を配合。

他にも卵殻膜にはすごい部分が、
・今でも相撲部屋では傷口に貼っている素材
・人の髪に近い18種類ものアミノ酸を自然含有。
・美容成分として注目を集めている「シスチン」は他の食品と比べても圧倒的な含有量!

さらにWコラーゲン成分として効率良くコラーゲンを補う事が可能な
コラーゲントリペプチドを配合。

●クリスパタス菌(通称:ベビー乳酸菌)を配合
自然分娩で生まれた赤ちゃんはアレルギーへの抵抗力が高いと言う事実から
研究し発見された「クリスパタス菌(通称:ベビー乳酸菌)」。
●エイジングケアの第一人者「日比野佐和子」医師監修の安心サプリ

◆ターゲットユーザー◆
【女性】
メインユーザーは、20代後半〜40代の女性。
【ユーザーの詳細】
(1)肌に悩みがある
(2)お通じを改善したい
(3)不規則な食生活を送っている
(4)コンビニ弁当や外食が多い
(5)忙しくて肌ケアを忘れがち
(6)毛髪ダメージが酷い
(7)赤ちゃん肌に憧れている

天使のベビーコラーゲン


< スポンサーリンク >

美容や健康、ニオイの悩みのお応えするサプリのご紹介です。

バラの香りで不安を自身に!
吐息がバラの香りに!

飲む香りのサプリメント
薔薇の香りのエチケット対策サプリ

「ROSE DRESS(ローズ・ドレス)」

美容や健康、ニオイの原因に着目した充実のサポート成分を配合!




< スポンサーリンク >

つらい一日立ち仕事の後のむくみの悩みに「 脚きゅっと」をご紹介します。

夕方のぞうの脚はもう卒業!
1日立ちっぱなしでもむくまない!!

キュっと!すらっと!スマート!
リフレの「脚きゅっと!」

1日3粒の新習慣♪
脚のむくみに朝飲んで夕方まできゅっ!



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** 東洋医学と西洋医学の融合

10年ほど前に、東洋医学と西洋医学を融合して、さらに効果的な医療を
行おうという話が報道されました。その後大学の病院などで相互研究が
行われているようです。

実際、脊椎間狭窄症が多いのです。脊椎の、骨、じん帯が変形して、
その脇を通る神経を刺激して痛みを感じるのです。
圧迫された血管の改善が行われます。

東洋医学の実力を検証するために、エビデンス(信頼性)の積み上げが必要です。

そこで現在20以上の大学病院で鍼灸治療が行われています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** アメリカの空軍で活用されている例 戦場の鍼治療です。

アメリカ空軍のアンドリュース空軍基地では、軍人の耳つぼ治療が行われています。

直径3㎜ほどの小さな鍼を開発して、耳ツボのレプチンにさして治療します。

脳の血流改善で前頭前野(額の上)の血流改善、活性化します。

耳は脳に近いので、治療が効果が出ます。

左右歩行が曲がってしまう軍人に治療しました、改善がみられて、
歩行が正常になりました。

耳には100以上つぼがあり、
綿棒で押すようなことでも、効果が出ます。

( 耳つぼ治療 )

耳ツボ8U


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** 鍼灸で治療した疾患の例

** 頻尿を改善します

頻尿は、仕事中もたつことが必要になり、仕事にも支障が出ます。

ある女性は6時間に7回もトイレに行き、苦しんでいました。

過活動膀胱という疾患で、膀胱に尿が少なくても
尿意の信号が脳から送られてしまう過敏反応です。

投薬では、便秘や口の渇きの副作用が出ます。

そこで尿排せつの器官と、お尻の穴の間を会陰といいますが、
そこを数センチのローラで軽く刺激します。

10人以上の人が協力して、一日一回この治療を行い、
5日後すごい改善が見られました。

会陰にはその上の内側に、仙髄という神経が集まる場所があり、
ここへの刺激で脳に行く信号が鈍くなるのです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*** 妊娠中で、逆子が、正常位置に戻った例を紹介します。

そしてもう一つある妊婦が逆子でした、たいていは帝王切開が必要です。

そこで、鍼灸医療のベテランの先生に相談して、治療を受けました。

開元(へそのした)、合谷(親指と人差し指の間)のツボに治療して
10日間で逆子が、正常な位置に戻りました。

*************************************
*************************************
( ツボとは )  下記に調査した内容を記載します。 
*************************************
いかにツボについての詳細な説明を載せます。
*************************************

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で
、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので
指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。

一般には「ツボ」とも呼ばれる。筋筋膜性疼痛症候群
(Myofascial Pain Syndrome)におけるトリガーポイント
(例えば腰痛の原因となる筋・筋膜内の好発部位)と大半が一致する。
  
概要[編集]

経穴は、もとは中国の中医学に由来し経験的な知見により見出されたものである。
重要な神経・血管・筋走行上に位置したり体性-内臓反射等で医学的関連があり、
現在ではWHOにおいても治療効果が認められている。

中医学、漢方医学的説明では、経穴は「気と血」のエネルギーの
通り道であるといわれる経絡上にあって、気血が出入りし、
経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところである。

一般的にはツボと呼ばれまた「穴(けつ)」とも呼ばれるように、
熟練した鍼灸師が触診すると、微細な陥凹部としてとらえられる。

鍼灸で診断や施術をする重要な部位である。禁鍼穴・禁灸穴と呼ばれる、
施術が禁止されている経穴もある。

皇甫謐の『鍼灸甲乙経』では経絡上に配置されている。
楊継洲の『鍼灸大成』で理論的に書かれた。

王執中の『鍼灸資生経』ではツボの部位とその主治、
鍼灸法や取穴と治療法などが記載された。

経穴の種類[編集]

「zh:腧穴列表」および「経穴の一覧」も参照

経穴には正穴と奇穴があり、正穴は14本の経絡
(任脈、督脈と12正経)に属し、滑寿の『十四経発揮』によると354穴が全身に存在する。
WHOでは1989年、奇穴のうち7穴を14正経に所属させて361穴とした。

奇穴も250穴以上ある。現在、欧米ではアルファベット2字と数字で経穴を表している。
たとえば足三里穴はST36である。一方、日本や中国、台湾などでは、
昔ながらの漢字による表記がなされている。

経穴の場所の多くは関節、筋溝、腱上、腱下、骨縁、骨端、骨孔、動脈の上や静脈の上、
神経の上部にあたる部分に存在しており、実際に取穴した際に
指頭を使って経穴部位を確認する。

疾病の際にその部分に様々な病態変化が起きるので指頭で探ることにより圧痛があったり、
特異な響きが出ることがある。これを内臓皮膚体表反射という。
逆に鍼灸等を用いて刺激することにより治療を行ったときに出る現象を
皮膚体表内臓反射という。

日本の経穴学とWHO方式[編集]

経穴の場所については日中韓で92個のその解釈に微妙な相違が存在したため、
2003年からWHO経穴部位国際標準化公式会議が日中韓をはじめとした
9カ国2組織が参加して開かれ、2006年に経穴の場所が統一された。


日本の鍼灸養成施設(海外の鍼灸養成施設はWHO方式を採用)
で用いられている経絡経穴の教科書は、古法に基づいて行おうということで
WHO方式ではないが、2009年からは世界基準に従い、
日本の鍼灸養成施設でもWHO方式を採用する事が決定した。

なぜ手と足の経穴が効くのか[編集]

ツボ療法の原理は、ツボと内臓との関係から考えられる[要出典]。
ツボとは内臓の疾患が、皮膚の表面への反応として
敏感に出てきた所であるといわれている[誰によって?]。

つまり、このツボを刺激すれば、内臓への働きかけが可能ということになる[要出典]。
このように体の表面と内部の病態との関係を
多くの実例から究明したものをツボ理論という[要出典]。

ツボを刺激すると、それが、脊髄や中枢に伝えられ、
それを受け取った中枢はさらに、その先の末梢神経、
つまり指先へ刺激を伝えていく[要出典]。逆にいえば、
指先を動かすことによって気血経絡を通して各ポイントを刺激することになり、
全身の血行を正常化する[要出典]。つまり、血液の循環がよくなり、
頭の回転が促進され、血液が体のすみずみまで行き届くことになる。

したがって、ストレスが自然に解消され[要出典]、
内臓を丈夫にするといわれている。
*************************************
< 参照元 ウキペディア >
*************************************

( 体のツボの配置の図 )

体のツボ題

足つぼ題

手のツボ題

*************************************

< スポンサーリンク >

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】のご紹介です。

【生漢煎 八味地黄丸】の生薬、効能、どんなお悩みに
効能が発揮されるかは次のようです。

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く ー第2類医薬品【薬品生漢煎 八味地黄丸】
○「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は,中高年の方の体力の衰えや,
老化による腰痛,残尿感,夜間頻尿,軽い尿漏れなどによく効きます。
○八味地黄丸「オオクサ」は,8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で,
独特な香味を持ち,大変のみやすくなっています。
○高血圧に伴う肩こり,頭重,耳鳴りにも適しています。

「八味地黄丸」は、体を温め、体全体の機能低下に元に戻していく処方です。
「気」「血」「水」 を増やし、めぐらせる生薬と、体を温める生薬の組み合わせで、
頻尿や軽い尿もれ、残尿感、 夜間尿などを改善していきます。
また、「腎気丸(じんきがん)」の別名があるように、
昔から“腎虚(じんきょ)”に対して用いら れてきました。
漢方でいう腎とは、現代医学でいう腎臓だけでなく、副腎、膀胱、
そして生殖器 を含めた総称です。「八味地黄丸」は、腎のはたらきを良くする
生薬を主薬に8種類の生薬が 配合され、
新陳代謝機能を高めて中年以降の保健薬・治療薬として効果があります。

【こんなお悩みのある方に】
・頻尿(尿意が我慢できなくなった)
・残尿感(残っている感じがする)
・排尿困難(排尿に時間がかかる)
・夜間尿(夜トイレに起きる)
・軽い尿漏れ(クシャミするのがこわい)
・高齢者のかすみ目(かすんで見えにくい)
・腰痛(腰が痛い)
・下肢通(足が痛い)




< スポンサーリンク >

天使のベビーコラーゲンのご紹介です。

このサプリの特徴や、お取りいただく事おすすめするターゲットユーザー
をご説明します。

●Wコラーゲンを配合
・ベビーコラーゲンの生成をサポートする今注目の卵殻膜
・コラーゲントリペプチド

ベビーコラーゲンは赤ちゃんのときには多く含まれているのですが
25歳前後から減少していく傾向にあり、
ベビーコラーゲンが少なくなってしまうとお肌の悩みを加速させてしまうんだとか。
しかもベビーコラーゲンは食品からは摂取出来ません・・・

そこで!!
天使のベビーコラーゲンではベビーコラーゲンの生成をサポートする卵殻膜を配合。

他にも卵殻膜にはすごい部分が、
・今でも相撲部屋では傷口に貼っている素材
・人の髪に近い18種類ものアミノ酸を自然含有。
・美容成分として注目を集めている「シスチン」は他の食品と比べても圧倒的な含有量!

さらにWコラーゲン成分として効率良くコラーゲンを補う事が可能な
コラーゲントリペプチドを配合。

●クリスパタス菌(通称:ベビー乳酸菌)を配合
自然分娩で生まれた赤ちゃんはアレルギーへの抵抗力が高いと言う事実から
研究し発見された「クリスパタス菌(通称:ベビー乳酸菌)」。
●エイジングケアの第一人者「日比野佐和子」医師監修の安心サプリ

◆ターゲットユーザー◆
【女性】
メインユーザーは、20代後半〜40代の女性。
【ユーザーの詳細】
(1)肌に悩みがある
(2)お通じを改善したい
(3)不規則な食生活を送っている
(4)コンビニ弁当や外食が多い
(5)忙しくて肌ケアを忘れがち
(6)毛髪ダメージが酷い
(7)赤ちゃん肌に憧れている

天使のベビーコラーゲン


< スポンサーリンク >

美容や健康、ニオイの悩みのお応えするサプリのご紹介です。

バラの香りで不安を自身に!
吐息がバラの香りに!

飲む香りのサプリメント
薔薇の香りのエチケット対策サプリ

「ROSE DRESS(ローズ・ドレス)」

美容や健康、ニオイの原因に着目した充実のサポート成分を配合!




< スポンサーリンク >

つらい一日立ち仕事の後のむくみの悩みに「 脚きゅっと」をご紹介します。

夕方のぞうの脚はもう卒業!
1日立ちっぱなしでもむくまない!!

キュっと!すらっと!スマート!
リフレの「脚きゅっと!」

1日3粒の新習慣♪
脚のむくみに朝飲んで夕方まできゅっ!



********************************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア