FC2ブログ

記事一覧

健康を維持、増進するためのお役たち情報、がんは生活習慣病でした。

主治医が見つかる診療所 まとめ がんは習慣病でした。

がんで死なないための最新情報が内容です、がんは生活習慣病です。
この中で大変気になる情報がありました、それは30年-40年前までは死亡原因の
一位は脳卒中か心臓病でした、当時国民の塩分の摂取量が多かったことが原因でした。



nursccd6.jpg   整体03U1

国内に冷蔵庫とエアーコンが普及したのは、70年代後半頃でした、それの伸びるカーブと
がんの脂肪率が増えるカーブは一致しているそうです。
これは体を冷やして血行が悪くなることはがん細胞の増殖を助けている証拠です。

そういえば、私は夏エアコンのない生活はできませんが、私の住む集合住宅で
エアコンを入れていない年配者は皆元気ですね。

すい臓がん早期発見方法と最新の研究で分かったがんは生活習慣病だったが今回の
テーマです。

そもそも少し前まではがんは遺伝と考える人が多かった、しかし実際は5%だそうです。
通常人は毎日がん細胞は5000-7000個は出来るが、それは免疫細胞のNK細菌が抑えて
傷ついた細胞を修復していますいます。ところがたばこ、偏った食事、野菜を摂らない食事で、
がん細胞が増殖してしまうと発症することになります。免疫細胞が変異して永久に
修復する細胞ががん細胞です。

まず最大のポイントがたばこと食事です。

今回そのがんにならない生活習慣をたくさん紹介します。

がんに罹病した医師の例を2例挙げます。

一人目は左側の腎臓に6cmのがんが見つかり手術で治った医師の話です。
仕事が忙しく生活習慣が乱れていました、睡眠時間が4時間程度でした。

その人の改善した生活習慣が次の5項目です。

1: 料理は野菜スープ、海藻スープでニンニク、キャベツ、ニンジン、玉ねぎを毎朝
 食べます。

2: 夏でも靴下を穿きます、がん細胞は熱が嫌いです、足首のくるぶしの下は
 血管が表面に出ているので保温します。

3: ストレス解消のために一人カラオケをします。1時間懸命に歌うと体が温まります。

4: 自分の顔を見て笑います、カラオケも笑うことも免疫力アップになります。
 NK細胞は笑うと活性化されます。

5: 夜10時半に就寝します、仕事が残っていても床につきます、最低6時間は寝ます。

2人目はがんを患った女医さんの例です、罹病当時太ってました、胃がんになり4/5切り取りました。

改善した生活習慣は次の様です。

1: 食事にはゴマたれを使います、ゴマのセサミンは抗がん効果があります。

2: 食事は暖かくして食べます。冷えると胃が痛くなります、冷たいものは控えています。

3: バラの栽培でストレス解消します、庭に120種類のバラを栽培しています。

4: 室内でネットを張りテニスの練習をします、運動、体を温める効果があります。
 運動は精神的に解放され、活性化されます。

ゴマたれは塩分を抑えるのでよいです、

次は死亡率の高いすい臓がんの早期発見についてです、試験台にタレントの川崎真世さんがなります。
この人は2年前レモン酎ハイ14杯飲んでた人です、今もお酒はたくさん飲んでます。 

この早期発見の方法は超音波診断装置の感度、分解能を上げるため検査中にミルクティー
を飲みます。この理由は胃の裏にある膵臓をよく観測できるように、胃に水分を満たします。
外の水道水、お茶は微笑空気の泡、茶の細かい粒で超音波が反射されてよく見えません。
この川崎さんの症状はがんは免れましたが、脂肪膵でした、糖尿病になりやすく、
がんにもなりやすいので脂っこいものを控えるのが処方箋です。

*************************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア