FC2ブログ

記事一覧

健康に、美容に良い飲み物、私たちの生活に最も密着していて、最も摂りやすいお茶ついてまとめました。緑茶についてです。

健康維持増進に関心を持つ皆様にお届けする、お茶一般についての
有用な情報です。

このブログでも、2-3回お茶の入れ方、飲み方、効果など載せています。

ほうじ茶はリラックス効果が高く、幸せを感じる度合いが大きい・・・
という件をNHKためしてガッテンで放送していましたが、ご覧になりましたか。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お茶は、古来より世界中で飲用されています。

日本では日本茶、中国では中国茶、欧米では紅茶が主な品種です。

私も子供のころから、家で急須で入れた煎茶を飲んでいました。

その時よく言われたのは、アスピリンなどの頓服薬と一緒に飲むと、
お茶の成分であるタンニンで、薬が効かなくなるなどと言われました。

小さな茶飲み茶碗に入れられたお茶の中に茶柱が立つと良いことがあると
言われ神秘的な液体でした。 


近年になり、少し前から”午後ッティー”なる午後の紅茶が市販されて、
家の常備品になりました。

その後、ここ十年くらいで、いろいろな種類のお茶がペットボトルで、
自動販売機でも買えるようになり、ストレスが厳しい現役ビジネスマン、
そして持久力が衰えてきた高年の現役労働者の必須のアイテムになっています。

私の生活では、食事は不定期で安定しない中で、冬でもお茶のペットボトルを
手放さずに、健康の維持の保険的な飲み物なっています。

( お茶の茶葉の写真 )
お茶の葉6_m

( お茶の写真 緑茶 )

緑茶0_m

( お茶の写真 抹茶 )

お茶屋さん抹茶8_m

( お茶の写真 紅茶 )
ティー2_m


*** お茶の飲まれるようになった歴史 ***

** そもそもお茶ってどんなもの **

** お茶のルーツを探る **

お茶の源流は中国南西部にあります。

お茶が飲まれ始めたのは今から2000年以上もまえのことです。
発祥地は中国南西部にわたる一帯で、当時のまれていたお茶は緑茶でした。

茶の木(茶樹)として使われている植物はツバキ科の
「 カメリアシネンシス 」です。

原種は雲南省の山間部に自生していたと言われ、現在に至るまで、
この植物の葉だけがお茶の原料です。

3世紀になり「三国志」に初めて茶葉を使った飲み物の話題が書かれます。

当時のお茶は「不老長寿」の霊薬として珍重去れていました。

庶民に喫茶の習慣が始まるのは7世紀ごろです。

************************************

*** お茶の製法を探る ***

ウーロン茶や紅茶は発酵茶と言われます。

この発酵は乳酸菌や酵母菌を加えて発酵させることと異なり
リンゴの皮をむいておくと茶色に変化するような酸化発酵です。

ウーロン茶や紅茶のような「発酵茶」がある一方で
発酵させずに作った緑茶が有ります。

緑茶は比較的低い温度の湯で入れると、発酵茶では味わえない
「うまみ」が生まれます。

緑茶は製造過程で、蒸したり、炒ったりすることで酸化発酵を
止めて作ります。

発酵を止めたお茶には「テアニン」と呼ばれるアミノ酸成分が
比較的多く残りこの成分がうまみのもとになります。

( お茶関連 画像 )
茶器題

( お茶の歴史と製法 )
お茶の作り方、年表題

( 日本茶の種類と製法 )
日本茶の種類と製法題


*** 緑茶についての情報 ***

緑茶は紅茶やウーロン茶と違い、発酵させないため、お茶の中では
血中脂肪を減らす茶カテキンが最も多く、癒し成分のテアニン、
ポリフェノールなども豊富に含みます。一方でカフェインも多く含むため
飲みすぎには注意が要ります。

** 効き目は ??

よく効く項目 : 眠気覚まし

効くと考えられる項目 : 高齢者の起立性低血圧予防、がん予防
(膀胱がん、卵巣がん、胃がん、すい臓がん)、パーキンソン病予防、
高脂血症、高血圧予防、高齢者の食後低血圧 など

飲みすぎは構わない、安全性は ??

お茶はほとんどの大人に対して安全です緑茶抽出物の使用も
短期間であれば問題ありません。しかし、中には胃のむかつきや、
便秘を生じる人もいる様です。

一日に5杯以上飲むとお茶に含まれるカフェインのために副作用を
生じることがあります。頭痛、緊張感、睡眠障害、嘔吐、けり、不整脈、
震え、めまい、耳鳴り、けいれん、意識障害など、軽いものから
重度の副作用目でまで様々あります。

お茶の担任が食物からの鉄分の吸収を妨げることも考えられます。
過量のカフェインは早産や、出生時低体重を引き起こすことがあります。

カフェインは通常の食品からの摂取であって、摂りすぎなけらば安全でしょう。

しかし、心臓疾患、肝疾患、重度の貧血、血圧の高い人は避けるべきです。

少量の日常生活での摂取は血圧に影響することはあまりないでしょう。


しかし、カフェインに慣れていないと血圧が上昇することがあります。

*** 一緒に飲んではいけない医薬品 ***

アンフェタミン(覚せい剤)、コカイン、エフェドリン

++++++++++++++++++++++++++++++
<< 参考にした文献 >>
”緑茶についての情報”の部分は次の単行本を参考にしてまとめています。
サプリメント・健康食品の「効き目」と「安全性」、同文書院、監修代表田中平三

++++++++++++++++++++++++++++++
******************************

この記事は、テレビ放送”世界一受けたい授業”で放送された
内容をまとめてみました。

お茶の成分といえば「カテキン」が一番に挙げられます。

カテキンは殺菌効果があるため、虫歯菌の除去に役立ち、
さらにインフルエンザ予防、そして花粉症などのアレルギー予防など、
体の免疫力をサポートする成分でもあります。 

またガン予防にも効果があるという研究報告もあるようです。

そして、お茶の成分はカテキンの他に、亜鉛、ビタミンA、ビタミンC、
ビタミンEも豊富に含まれています。

●亜鉛は代謝を活性化させるとともに、筋肉・骨・皮膚・脳などの形成をし、
性機能も活性化させる効果を持っています。

●ビタミンAは皮膚の保湿や肌荒れ防止の効果があり、
カテキンの作用を助ける働きも持っています。

●ビタミンCは、肌のシミを消したり、
プルプル肌成分のコラーゲンを生成する働きをサポート。 
また疲労回復の効果もあります。

●ビタミンEは血行促進・老化防止・動脈硬化予防などの効果を持っています。

特に新茶 (2月上旬から5上旬に採れるお茶) には、
これらの成分が豊富に含まれているため、特に珍重されます。

お茶の葉を粉末にした「抹茶」というものがありますが、
これは茶葉を石臼で挽いて(昔からの製法で今もやっている)
粉にしたものです。

これはお茶の葉成分が丸ごと、そのまま摂取できるので、
お茶の成分をマルゴト摂ることが出来るため、
成分の摂取、青の効果が高いものです。

抹茶アイスクリームなどの抹茶スイーツとして摂っても成分は変わらないため、
肌にとても良いとの事です。

また、お茶の種類に煎茶 (日光に当てられて育った普通の緑茶)
と玉露 (日光を遮ったところで育てられたお茶) があります。

煎茶には、ビタミンCが豊富に含まれています。

玉露にはテアニンというアミノ酸成分が豊富にふくまれ、
ストレス解消に効果があるようです。

お茶は、1日5杯~10杯飲むと良いと言われていますので、
頑張ってお茶を飲んで、美容と健康に役立てましょう。 

5杯~10杯飲むのは無理・・・という人は抹茶を飲むことを
考えると良いです。

< 以下は スポンサー サイト です >
お茶など自然由来のサプリを紹介しています。

記憶力をサポートする機能性表示食品「オボエール」
株式会ハーブ健康本舗 プログラム概要脳の血流を改善し、
認知機能の一部(記憶力の精度)や、判断の正確さを向上させる
機能性関与成分「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、
イチョウ葉由来テルペンラクトン(以下イチョウ葉エキス)」配合の機能性表示食品です。



< 甘酒は女性の救世主!【あまざけ美人酵素】 >

< お子様の成長に必要な栄養を!【SEGAGOON(セガグーン)】 >

< 夜が不安な方に心地のいい休息を【NEMLINA(ネムリナ)】 >

< イチョウ葉エキスの学習サポートサプリ【デキスギジュニア】 >

***********************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア