FC2ブログ

記事一覧

レシチンの乳化作用とは?またどの様な食材に多く含まれるのか?

**レシチンとは !
レシチンは、リン脂質の一つで、
細胞膜など生体膜を形成する主要成分です。
また、脳、神経、細胞間の情報伝達物質として
それぞれの機能調節をつかさどるほか、
肝臓の代謝活動にも深くかかわっています。


レシチンを含む食品の代表格は、
大豆と卵黄です。

これらを食べることで摂取できるほか、
大豆レシチンのカプセル剤や、
レシチンベースのサプリメントもあります。

プロテインやビタミン剤をはじめとすうる
健康食品にもは配合されています。

レシチンは、水と油を混ざり易くする乳化性
と潤滑性という二つの特性を持ち、
お菓子の添加物に使用されます。

* 脂肪の代謝を活発化、

肥満防止にもレシチンはリン酸、グリセリン、
脂肪酸、コリンで構成されています。

リン酸とリン部分は水に溶けやすい水溶性であり、
脂肪酸とグリセリンの部分は、脂溶性です。

本来は溶け合わない、水と油がレシチンの働きで
よく混ざるようになります。

この構造はレシチンに乳化作用をもたらします。

油が水に乳化すると、脂肪(脂質)の代謝が活発になり、
動脈硬化や、高血圧を予防することができるのです。

< ここからはおすすめ商品のご紹介です >

KUROJIRU ( 黒汁 )
3つの炭と9つの黒成分、
250種の植物発酵エキス、
乳酸菌が入ったチャコールクレンズダイエットの決定版
これまでのチャコールクレンズは、
味のない炭成分だけのもの飲むスタイルが主流でしたが、
KUROJIRU(黒汁)は
合成甘味料を不使用かつ
黒糖と玄米の自然な味わいに仕上げました。
美しくすっきりを目指します!
KUROJIRU  ( チェック )
++++++++++++++++++++++++

< ここからはおすすめ商品のご紹介です >

善玉菌の活動サポートサプリ【sonomono納豆/お試し】
◆ここに注目!◆
老舗納豆屋が国産大豆と納豆菌で作った納豆だけを使った
納豆粉末100%のサプリメント。
名前の通り納豆そのもの。
納豆の豊富な栄養はもちろん、
腸内環境を整える注目の納豆菌が
3粒で10パック分も摂れるので、
これまでヨーグルトなど乳酸菌やビフィズス菌で
あまり実感がなかった人に、
ぜひオススメしたいサプリメントです。
10パック分の納豆菌【そのもの納豆】  ( チェック )
++++++++++++++++++++++++

** 脂溶性、水溶性の両者を持つことの効果

このように、レシチンは、水に混ざりやすい部分と、
油に混ざりやすい部分の両方を持っています。

その両方の性質を持っているために、本来は混ざらない、
水溶性のものと脂溶性のものを、
混ぜ合わせることが可能なのです。

レシチンは乳化作用を持っているので、
血管の壁にこびりついたコルステロールを
溶かす働きがあるのです。

これにより血管を綺麗にすることが出来るのです。

また乳化性によって脂肪の代謝を促しますので
肥満の予防解消にも効果があります。

経管栄養を行っている患者の肝臓脂肪症の改善に
レシチンの経口摂取が有効という報告があります。

レシチンは脳に多く存在することから「脳の栄養素」
とも呼ばれます。

先に述べた情報伝達物質としての
働きによって忘れやすいなどの
認知症の予防に役立つとされています。

この他に、ビタミンAやビタミンEなど、
脂溶性ビタミンの吸収をたかめてくれます。

レシチンの水溶性は皮膚炎と乾燥肌の保湿剤として
利用されており、皮膚炎と乾燥肌に対する
有効性を示す研究報告もあります。

またレシチンは、血管の壁を強くしてくれますので、
肝臓疾患の改善、動脈硬化、
そして更には高血圧をも予防してくれます。

その他にも、記憶力や集中力を高めたり、
認知症を予防する働きも持っています。

私たちの体の中の細胞が、
細胞膜を通して様々な物質を取り入れたり
排出したりできるのは、このレシチンのお陰です。

レシチンは人間の全ての細胞の中にあって、
必要な栄養素を取り入れたり、
不要になった物質を排出する役割を担っています。

** 体の中のレシチンは ?

生物の細胞は、毎日、死んだり生まれたりしながら
新しい細胞と入れ替わっています。

この細胞の1つ1つには、必ずレシチンが含まれています。

私たち人間が必要とする栄養素は、
血液によって、血管の中を移動しながら運ばれてきます。

エネルギー源としての脂肪も、
血液中を流れて体内に貯蔵しています。

その際、脂肪はタンパク質と結びついて、
血液中を流れます。この脂肪と
タンパク質を結合するために必要なものが、
レシチンなのです。

** レシチンが不足すると ?

このように、重要な役割を担っているレシチンが
不足してしまうと、まず表れる症状としては
体調の悪化です。

酷い疲れや頭痛を感じることもあります。

レシチンを多く含む食品には、卵黄、納豆、大豆、大豆加工製品、
そして、ごま油、レバー、うなぎ等があります。

レシチンは、普通の食材を基とする成分です。

ですから、副作用等の健康被害は報告されていません。

それでも、体に良いからといって大量に摂取し過ぎると、
腹痛や下痢の原因となることがあります。

* 卵、大豆アレルギーに対して

卵や大豆にアレルギーを持つ人は、
アレルギー性皮膚炎を起こす
可能性があり注意あが必要です。

また、経口摂取の副作用として、
下痢、吐き気、腹痛、肥満が
起きることがまれにあります。
*********************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア