FC2ブログ

記事一覧

脳機能の活性化、対動脈硬化に、オメガ3必須不飽和脂肪酸EPAが効果あります。

** EPAとは

EPAはイワシなど青魚に含まれる、必須脂肪酸で
オメガ3系の不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は、肉類や乳製品の脂肪、バター、
ラード、牛脂などに多く含まれ、
常温で固まる性質を持ち、摂りすぎると
生活習慣病などの原因となります。


しかし、イワシ、サンマなどの
不飽和脂肪酸は常温で
固まりにくい性質を持ちます。

さかなやアザラシを常食とするイヌイットでは、
脂肪摂取量が多いのに
血栓症や、心疾患が非常に少ないことから
注目された成分で、
体内で合成することは出来ません。

血栓を防止する成分を含んでいるので、
生活習慣病の予防や改善に
効果があるとされています。

EPA,DHAを成分として含む
特定保健用食品があります。

肥満、高血圧患者の体重を軽減させた、
抗うつ治療の補助剤として、
経口摂取の有効性が実証されています。

** DHAとは

EPAはイワシなど青魚に含まれる、必須脂肪酸で
オメガ3系の不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は、肉類や乳製品の脂肪、バター、
ラード、牛脂などに多く含まれ、
常温で固まる性質を持ち、摂りすぎると
生活習慣病などの原因となります。

しかし、イワシ、サンマなどの
不飽和脂肪酸は常温で
固まりにくい性質を持ちます。

DHAは脂肪酸の合成にかかわる酵素の
働きを抑制する機能をもち、
脳卒中や、心臓病の予防に
役立つとされています。

** 植物油は ?

植物に含まれるα‐リノレン酸は、摂取されると
体内でEPAに変わり、
そしてEPAからDHAに変化します。

EPAは摂りすぎると血液が固まりにくくなり、
出血しやすくなります。

また、EPA,DHAは酸化されやすいので、
ビタミンCやビタミンE、β‐カロテンなど、
抗酸化成分と一緒に摂りましょう。

++++++++++++++++++++++


< ここからはおすすめ商品のご紹介です >

KUROJIRU ( 黒汁 )
3つの炭と9つの黒成分、
250種の植物発酵エキス、
乳酸菌が入ったチャコールクレンズダイエットの決定版
これまでのチャコールクレンズは、
味のない炭成分だけのもの飲むスタイルが主流でしたが、
KUROJIRU(黒汁)は合成甘味料を不使用かつ
黒糖と玄米の自然な味わいに仕上げました。
美しくすっきりを目指します!
KUROJIRU  ( チェック )
++++++++++++++++++++++++

< ここからはおすすめ商品のご紹介です >

13種類の飲むオイル亜麻仁・エゴマ・ココナッツなど
13種類が入ったオメガ3「美活」オイルoilを
毎日飲みたいけど続かない方へ・・・
13種類の飲むオイル
  ( チェック )
++++++++++++++++++++++

オメガ3は不飽和脂肪酸という物質で、
必ず摂る必要のある必須脂肪酸でもあります。

近年、健康増進効果が注目されたり、
現代人が不足しがちな必須脂肪酸という事から、
注目を集めるようになりました。

特に悪玉コレステロールの数値を下げる効果が高く、
動脈硬化といった病気の予防に
オメガ3が有効と言われています。

血中に悪玉コレステロールが増えると
血液の流れがドロドロになり、
血栓が出来やすくなるのです。

オメガ3はコレステロールの中でも
悪玉コレステロールだけを少なくし、
余分なコレステロールを回収してくれる、
善玉コレステロールの数値を
増加させる効果が期待出来ます。

このような作用がある事から、
オメガ3はコレステロール対策に
有効と言われているのです。

また、オメガ3はコレステロール対策以外にも、
良い効果を体に与えるという事が
分かっています。

中性脂肪を減少させ肥満や、
メタボリックシンドロームの予防に
効果があるのです。

++++++++++++++++++++++++

オメガ3の1つEPAは継続的に摂取する事で、
血液中の脂肪数値を減少させる働きがあります。

メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病も、
オメガ3で対策出来ます。

例えば、生活習慣病の1つ、高血圧も予防できます。

中性脂肪を減らす作用のあるオメガ3を
意識して補う事で、血液の流れがサラサラとなり
血圧を下げる効果が期待出来ます。

高血圧とは、慢性的に
血圧が高くなっている状態をさし、
この状態が長期間にわたって続くと、
血管がかたくなり、心臓にも
大きな負担がかかります。

高血圧になってしまう原因の1つに、
血液の流れが悪くなるという事が挙げられます。

血中の中性脂肪が多いと血液がドロドロになり、
血行が悪くなってしまうのです。

オメガ3のひとつEPAには、ドロドロになった
血液の流れをスムーズにする効果があるため、
血流を改善することで
心臓への負担を減らすこともできます。

血液がドロドロになってしまうと
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった
大きな病気を引き起こしやすくなりますが、
オメガ3継続的に摂り補う事によって対策が可能です。

++++++++++++++++++++++++

この他に活性酸素によって引き起こされる、
体の炎症を抑制する働きもあると考えられています。

活性酸素は体内に入り込んだ菌などを
除去する作用があり、
体にとってはなくてはならない存在です。

ただ、とても酸化作用が強力なので
活性酸素があまりにも体内で増え過ぎてしまうと、
どんどん細胞を酸化させてしまいます。

酸化だけでなく炎症を起こすケースもあり、
活性酸素が増えれば増える程、
血管などの炎症が進んでしまうのです。

オメガ3を摂ると
炎症抑制物質プロスタグランジン3という、
体の炎症を改善する物質の生成がアップします。

++++++++++++++++++++++++

また眼病の予防にもオメガ3は
効果があると言われています。

オメガ3は目の網膜が構成する成分であるため、
様々な眼病予防にも効果が期待できます。

特に高齢者に多く見られる、
中心視力が低下したり、
ものがゆがんでみえるなどの加齢黄斑変性症は、
オメガ3の摂取が不足することで
起きるとされています。

加齢黄斑変性症は加齢が原因で
引き起こされる病気ですが、
若い頃から積極的にオメガ3を摂取しておくことで、
予防することができるのです。

++++++++++++++++++++++++

そして脳機能の活性化にも効果をあらわします。

オメガ3が体内から不足してしまうと、
脳細胞が円滑に働くことができなくなり、
機能が落ちると言われています。

オメガ3を日頃から摂取しておくことで、
機能が落ちることを抑えることができます。

その他に免疫力の強化やダイエット、
うつ病やアレルギーの抑制など、
非常に多くの健康効果をもたらします。

このような作用があるオメガ3は、
色々な効果が期待できる必須脂肪酸と言えるでしょう。

***************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア