FC2ブログ

記事一覧

仕事がきつい人、高齢者が見る飛蚊症は、ルテインを摂取すると防止できます。

飛蚊症が加齢によって引き起こされる理由は、
年をとると生理的な現象の影響を
受けやすくなるためです。

目は透明なゲル状の硝子体で満たされています。

硝子体の中の細胞が光の加減で
シワのようになることで、
影が白い糸や黒い虫に見えて
フワフワ浮かんでいる飛蚊症を確認します。

これは目の病気ではないので心配ありません。

若い頃は紫外線によって増えた
活性酸素を分解することができますが、
年齢を重ねると免疫機能が低下して
活性酸素が増えるため症状の頻度も増えます。

そして活性酸素を消滅させる成分にルテイン、
ゼアキサンチンなど抗酸化物質があります。

しかしこの成分は、緑黄色野菜をとれば、
摂取できますが近年野菜の摂取量が減っています。

日中に起きて夜は寝るという
自然なライフスタイルを行っている以上は、
目から紫外線が入ってくるのを
完全に遮断することはできません。

加齢による飛蚊症で注意しなければならないのは、
後部硝子体剥離によるものです。

年をとって硝子体が変質し組織が
破壊されると水の塊ができます。

塊が少しずつ大きくなることで、
硝子体が収縮し網膜から剥がれる時に
毛細血管が破れるので、その時の出血が
飛蚊症の症状を引き起こします。

50代以上で発症する人が多く、
近眼の女性はリスクが高いとされます。

そこで注目されているのがルテインです。

ルテインはカロチノイドの一種で、
黄色い野菜に多く含まれています。

具体的には、ほーれんそう、とうもろこし、
パパイヤ、スピルリナなどに含まれます。

ルテインには抗酸化作用があり、
目の中の活性酸素を除去することが
できるので、加齢による影響を抑えられます。

網膜の病気だけでなく目で発生する
生理現象対策にも有効なので、
ルテインを摂取することは
目全体の健康につながります。

飛蚊症対策では1日6mg程度
摂取すれば良いとされます。

野菜で摂取するならばケールを27g
あるいはほうれん草を60g
食べる必要があります。

近年は食の欧米化から野菜不足の
傾向があるため、食事だけで
十分な量のルテインを
摂取することは難しいのです。

そこでサプリメントを活用するのが効果的です。

サプリメントに配合されている
ルテインはマリーゴールドから抽出しています。

しかし抽出しただけでは体に吸収されにくいので、
効果を実感できない可能性があります。

さらに他の抗酸化作用を持つ成分と
一緒に摂ることで相乗効果が生まれるので、
ビルベリーやブルーベリーなどから
抽出したアントシアニンも
配合しているものがおすすめです。

*********************

< ここからはおすすめ商品のリンクです >

定期初回半額以下 国内初のひとみクッキリサプリ
【朝のルテイン&プラセンタ】
◆販売をお願いしたい商品は?  
ひとみのボンヤリ、ショボショボでお悩みの
【78%以上】もの方が変化を感じたサプリメントです。
◆ルテインとは?  
「ブルーベリーではどうもスッキリしない」
そんな方は結構たくさんいます。  
ひとみの深刻なお悩みはブルーベリーではよくなりません。  
そんな方にはNHKのためしてガッテンでも
取り上げられたマリーゴールドの  
花から抽出した成分「ルテイン」を配合した
サプリメントがお勧めです。
< チェック >
あなたが探しているクッキリサプリはこちら   
+++++++++++++++++++++

目の健康に役立つ成分が含まれる食品

目の健康を保つ効果がある食品は何でしょう。

網膜や水晶体を作り出すためには、
たんぱく質の存在が欠かせません。

眼球を動かす筋肉には、ビタミンやミネラルを
食品から補給することが大事です。

目の健康を保つには、カロテノイド、DHA、
アントシアニンを含む食品を
食べることが推奨されます。

鰯やサンマ、ブルーベリー、ウナギ、
緑黄色野菜を食べるようにしましょう。

ルテインとゼアキサンチンという
カロテノイドを摂取できることが、
緑黄色野菜のメリットです。

高齢になるほど、疲れ目に効果があるという
ルテインやゼアキサンチンの
体内量は減っていくため、
食品での摂取が必要になってきます。

卵は、ルテインや、ゼアキサンチンを含む、
優れた食品です。

目の健康にいい食事をするめたには、
卵を使った料理や、マヨネーズの
活用がおすすめです。

様々な食品に使われているブルーベリーは、
目の健康に効果があると言われています。

アントシアニンは白内障や、
加齢黄斑変性などの症状を
未然に防ぐ作用があると言われており、
目の毛細血管を強化する成分でもあります。

栄養素は単独で効果を発揮するのではなく、
互いに関わりをもっているものです。

色々な食品から、目の健康にいいい栄養素を
補給することで、
栄養の偏りがないようにしましょう。

*********************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア