FC2ブログ

記事一覧

メタボとは?メタボである場合の対処方法、有酸素運動をする、サプリを活用するなどです。

** メタボリックシンドロームとは ?
 体はどうなってるの ? どうして悪いのか?

メタボリックシンドロームと診断されたら、
そのまま放置をするのではなく、
健康に悪影響があるので、少しでも
その状態を改善していく事が重要です。

この健康に悪い、最大の要因は
血中のコレステロールが関連して、
血管や血液の病気のリスクが高まるためです。

食事の内容も、ここ数十年が
大きく様変わりしています。

乳脂肪分や肉類、油分の多い食事が、
血中コレステロール値を大きくします。

健康を重視して、今後はタバコもお酒も
控えたいと考えながら、
きっぱりとやめることができない方もいます。

このままの生活をしていれば、
コレステロールは上がるのはごく当然ですが、
何の手立ても打たないでいれば、
高脂血症に進行します。

コレステロールを高いままにしておくと、
健康面でのリスクは間違いなく高まりますので、
早々に対策を打つことが重要になります。

その為に重要になってくるのが、
体脂肪率を下げ、内臓脂肪を
減らすようにしていく事です。

メタボと診断されたら、ただ体重を減らせば良いと
考える人は少なくありませんが、
ダイエットによって体重が減っても
体脂肪率には変化がないという事は
少なくありません。

メタボの判断基準で、適正体重があります。
これは身長を勘案した、体重の標準値です。

一般にこのことを勘案して
ウエストのサイズで判断します。

しかし重要になポイントは内臓脂肪が
蓄積しているかどうかの為、
ただ体重を減らすだけでなく、
内蔵脂肪と皮下脂肪を減らすという事が
重要になります。

**********************

< ここからはおすすめ商品のリンクです >


【敏感肌でも始められるエイジングケア】
ノブL&W トライアルセット臨床皮膚医学に基づいて考えた
敏感肌でも始められるエイジングケア!
【ノブL&W(エルアンドダブル)】の トライアルセットです!
加齢変化を感じやすい敏感肌のための高保湿エイジングケア
< チェック >
【NOV】敏感肌のエイジングケア
+++++++++++++++++++++++

その為には、無理な食事制限をするよりも、
まずは日常生活に有酸素運動を
取り入れていく事がおすすめです。

ただ、普段、体を動かさない人が
無理に体を動かそうとすると、
大きなストレスになり、
続かない原因となってしまいます。

その為、メタボ改善を意識して
有酸素運動を始めたいと考えるのであれば、
まずウォーキングから
始める事がおすすめです。

一気に歩こうとすると、
疲れやすくストレスも溜まりやすくなります。

ですから、駅と駅の距離が近い地域であれば、
1駅先まで歩いてみる等、
無理なくできる事から
始める事がおすすめです。

そして歩いてみて、まだ歩けると感じたら、
距離を伸ばしていく等、
少しずつ歩く事に慣れていく事が有効です。

** ここで無理なく、楽しくウォーキングを
                する方法を説明します。

正しい運動方法について説明いたします。

運動をする際には、次の二つを
セットにして順番に行います。

** 1つ目はエクササイズです。

運動する前にはエクササイズを行う必要があります。

運動する前にきちんと行えば、
体を柔軟にするだけではなく、
続けて行う運動の効果も高めます。

写真やイラストがあったほうがわかりやすいので、
本を買って見てみるなどで学びます。

なお、エクササイズは、
最低10分くらい行う事が有効です。

そして、筋肉を使って運動をすると、
特に太ももの筋肉は積極的に動きたくなるホルモン、
そして幸せ、満足を感じるホルモンが分泌されます。

これにより精神的な健康を得ることもできます。

** 2つ目は有酸素の運動です。

これは、脂肪をエネルギーとして消費する運動方法です。

有酸素の運動を行えば
長時間でも疲れないように運動することができます。

有酸素運動の具体的な方法としては、

まず最大心拍数の50%位の心拍数で
10分?15分運動(ジョギングかサイクリング)します。

その後65?85%位の心拍数で
最低20分以上なるべく長く運動します。

自分の最大心拍数は、通常220引く自分の年齢で
算出できます。

運動している最中の最大心拍数は
ハートレートモニターで測定することができます。

65%以上の状態を30分以上続けると
体脂肪が燃焼されるだけでなく、
体力(持久力)がつきます。

この有酸素の運動を、出来れば週に3回位行います。

3回は難しかったとして
週に1回でもかなり皮下脂肪を減少せることが出来ます。

これの日常生活でできる方法、
集合住宅の階段の上り下り、
近くのコンビニへの自転車での買い物でも良いのです。

その時に活用してきたいのが万歩計です。

現在は、無料で利用できるアプリもあります。

実際に内臓脂肪を減らしたいと
考えた場合に有効とされる歩数は1日1万歩です。

いきなり1万歩を目指すのは大変なので、
最初は前日よりも多く歩くという事を
目標に頑張っていく事がおすすめです。

** 大事なことは日常生活の見直し改善です

そして、歩く以外にしておきたい事が
日常生活の見直しです。

内臓脂肪を燃焼させる為には
有酸素運動が有効ですが、
それ以上に食べすぎてしまっていれば、
なかなか脂肪は減らない事になります。

ですから、暴飲暴食をしないように
する事が大切です。

更に、食事を抜く事は
体にとって良くない為、
毎日3食を食べる事が大切ですが、
夜は脂肪を蓄積しやすいので、
控えめにしておく事がおすすめです。

それ以外にも、間食を控える等、
できる事をしていく事が大切です。

メタボ改善の為に有酸素運動を始める、
食事を見直す等の対策をすれば
すぐに効果が出るかといえば、
そうではなく、効果を実感するまでには
少し時間がかかります。

その為、すぐに効果を期待するのではなく、
続けていく事も重要になってきます。

***********************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア