FC2ブログ

記事一覧

中性脂肪値、コレステロール値が動脈硬化の指標です。生活習慣の改善で正常値にすることが重要。

** 血糖値が高いということは ?

血糖値とは血液中に含まれる
ブドウ糖の濃度のことです。

健康な人の体内では、
血液中の糖分を細胞に取り込むホルモン
インスリンのよって一定に保たれています。

** コレステロール値、中性脂肪値が高めとは ?

血液中のコレステロールや、中性脂肪値が
多すぎたり、少なすぎたりする状態を、
脂質異常症と言います。

コレステロールは細胞膜やホルモンの
材料として、中性脂肪はエネルギー源
として重要です。

しかし、慢性的な摂取カロリー過多、
動物性脂肪の摂りすぎなどで
血液中のLDLコレステロールが
血液中に増えすぎると、変性が生じて
血管壁に取り込まれやすくなります。
 
そこに運動不足などでHDLコレステロールが
少なくなると、血液組織で余った
コレステロールを回収して
肝臓に運ぶ機能が低下するため、
動脈硬化が進みやすくなります。

また中性脂肪値が高くても動脈効果が進みます。

年齢を重ねるにつれて
気になり始めるのが生活習慣病です。

糖尿病やメタボリックシンドロームや
高血圧や高脂血症や動脈硬化などが
それにあたります。

< ここからはおすすめ商品のリンクです >

DHA&EPAオメガプラス - 株式会社みやび
● 株式会社みやび 「DHA&EPAオメガプラス 」
の販売促進プロモーションです
●「鮫肝DHA&EPA」からリニューアルしました
みやびでは、不足しがちな栄養成分のDHAやEPA
お手軽をはじめオメガ3系脂肪酸を含む亜麻仁油、
吸収しやすいクリルオイルを配合。
そして。めぐりや、タフネスに、スクワレンを配合。
< チェック 
みやびのDHA&EPAオメガプラス
+++++++++++++++++++++++

その中でも最も気をつけなければならないのが
動脈硬化です。

動脈硬化は、高脂血症と高血圧が
組み合わさることで発症のリスクが
高くなる血管の疾患です。

悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や
血圧が高いという人は要注意です。

症状としては、血管内に血栓ができたり
コレステロールや脂質が血管壁に
こびりついて血管が狭くなったり
しなやかさを失い硬くなったりして
血液の流れが悪くなってしまうというものです。

症状が進行すれば突然死を招く
危険もある重大な病気発症の
原因にもなってしまいます。

脳梗塞、心筋梗塞、脳出血、
狭心症などがそれにあたります。

動脈硬化の原因は、生活習慣の乱れにあります。

食生活においては、栄養バランスの偏り、
塩分の過剰摂取、脂質の過剰摂取、
過度なアルコールの摂取、
暴飲暴食などが原因となります。

コレステロールを低下させるのに
有効だといわれているDHAとEPAは、
サプリメントとしても
最近話題になっています。

イワシ、サバ、マグロなどの
青魚に多く含まれています。

学習力や記憶力の向上、視力低下の予防、
アトピー改善などに効果がある物質です。

毎日しっかりと摂取するには
サプリメントが簡単で良いのですが、
日々の食事の中から
摂取することもできます。

DHAやEPAには動脈硬化を予防し、
血栓をできにくくする作用があります。

効果的に悪玉コレステロールを減らせる
DHAやEPAは、
血液をさらさらにすることが
できるのがメリットです。

コレステロールには2種類あり、
善玉と悪玉があります。

悪玉コレステロールが増えすぎると
血管の壁に付着しやすくなり、
動脈硬化などを引き起こします。

DHAやEPAの持つ様々な
健康効果が明らかになったことで、
最近では多くの会社がサプリメントを製造し、
販売しています。

魚や肉に含まれる脂肪には様々な種類があり、
体内での働きには微妙な差違があります。

油の多い魚は、コレステロールを
増加させなないように、
あまり食べない方が
良いと思っている人がいるようです。

コレステロール改善をするには、
DPAやEPAを含むリノール酸を
サプリメントなどで毎日摂るように心がけましょう。

食べ物での対策の他の重要なことは、
水溶性植物繊維を多く摂ることです。

水溶性植物繊維にはコレステロールを
下げる働きがあります。

食べ物の他の生活習慣の改善としては
運動不足や睡眠不足や喫煙や肥満などあり、
動脈硬化の原因となります。

対策としては、生活習慣の改善が
必要不可欠です。

水分摂取で代謝をアップさせて血流を
促進させることも大切ですので、
喉が渇いていなくても生活の中で
水を飲むタイミングを自分で決めて
こまめに補給しましょう。

適度な運動や良質な睡眠や規則正しい
生活リズムや喫煙も心がけましょう。

運動は、脂肪燃焼効果がある
有酸素運動が良いでしょう。

ウォーキングや軽めのジョギングを
生活の中に取り入れて代謝アップと
肥満予防に努めましょう。

動脈硬化の原因と対策をきちんと理解して
若々しく健やかな血管を
維持していきましょう。

***********************



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア