FC2ブログ

記事一覧

自律神経のバランスと密接な因果関係、異常な発汗、ストレスを感じるなどです。

自律神経が汗をかくことと密接に関係があると
近年分かってきました。

自律神経は心拍や呼吸、消化のように
人間が自分の意思で
動かすことができない部分の
神経を管理している神経です。

自律神経は起きている時や
興奮している状態の時に働く交感神経と、
眠っていたりリラックスしている時に
働く副交感神経から成り立ち、
お互いにどちらかが働いている時には
どちらかが休息している
という形で背反的に働きます。

通常はこの二つの神経がお互いに
バランスをとることで自律神経が
整い健康に過ごすことができますが、
バランスが崩れしまうと、
色々な体の不調を起こします。

これには、大気汚染、花粉、騒音、化学物質の
シックネス物質など近年の環境が
影響していることもあります。

このように環境や生活リズムの乱れなどに
加えて現代社会はストレスが多く、
この自律神経のバランスがうまく
取れない状態に陥っている人も
少なくありません。

そういった乱れは自律神経失調症と
診断を受けることもあります。

そして汗かきもその症状の一つです。

汗をかくというのは緊張や不安、
ストレスといった刺激を受けて
交感神経が働くことによって起こっています。

通常であれば副交感神経が働き
リラックスモードに入ることが出来、
汗も治まるのですが、
いったんバランスが乱れてしまうと
交感神経ばかりが活発になってしまいます。

暑いわけではないのに汗が
尋常ではないくらいでてきたり、
緊張すると汗が大量で
出てしまったりすると、
自分でコントロールすることはできません。

身近な対処方法は、タウリンや
大豆イソフラボンといった栄養素が、
自律神経の乱れを整える効果があるため、
食生活の中に取り入れることがお勧めです。

食生活や生活習慣の改善と並行して
医療機関に相談して、ビタミンやホルモン剤、
漢方や精神安定剤など直接神経に働きかてて
安定促す薬を処方してもらうことも必要です。
++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >


スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー
【カフェテイン】
◆セールスポイント
◆『カフェテイン』は管理栄養士とカラダのスペシャリストが開発した
飲むだけで簡単にボディメイクができるダイエットサポート飲料!
カフェインで代謝アップ、プロテインで筋力維持をするので
同時に効率的にボディメイクが期待できます!
< チェック >
スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー【カフェテイン】
+++++++++++++++++++++++

************************
ここに自律神経のバランスの乱れより生じる
   一般的な症状をまとめ、説明します。


症状 : ストレスを感じる

ストレスは適度であれば、生活に緊張を与えて
張りがでるというプラス面もあります。

しかし、それが苦痛に感じる要因は
過度なストレスであるからで体中に
色々な不調を引き起こします。

そして免疫力が低下して、風邪などの
感染症にかかり易くなり、
自律神経のバランスが崩れて、不眠、イライラ、
うつ状態、生活習慣病の原因などになります。

その時、ストレスの原因は、過労や睡眠不測、
人間関係や、仕事上の悩みなどいろいろです。

また、結婚や、出産、昇進といった

うれしい出来事である場合もあります。

** ストレスを感じる時の対策 
 
まずはストレスの原因を取り除く、
十分な栄養と、休息を摂ることです。

私たちの体は、ストレスを感じると防御態勢に入り、
アドレナリンを放出する時、大量のビタミンCを
消費します。

このため ビタミンCを意識して摂る必要があります。

そして、神経の興奮を鎮め、安定させるビタミンB群や、
カルシューム、マグネシュームなどを摂ります。

脳の機能をサポートする、DHA、レシチン、
イチョウ葉エキス、ホスファチジルセリンなどが
有効です。

気がめいった時、落ち込みが激しいとき、
抗うつ剤と同様の働きを持つハーブの
セント・ジョンーズ・ワートを試すことも
良いでしょう。
++++++++++++++++++++

症状 : 眠れない

不規則な生活で生体リズムが乱れることが
大きい原因です。

日本人の睡眠時間は年々減少傾向にあり、
そして4-5人に一人は睡眠に関して悩みを持っています。

その悩みの内容は、寝つきが悪い、途中で目が覚める、
朝早く目が覚める、ぐっすり眠った気がしないなどです。

不眠の原因は、不安やストレス、うつ病などの
精神疾患、時差ボケ、などあります。

不規則な生活で生体リズムが乱れることが大きな要因です。

** 対応方法 

これは不規則な生活を改め、
サプリメントでは、セロトニンなど神経伝達物質の
生成にかかわり、リラックス効果がある、ビタミンB6
やマグネシューム、ハーブではバレリアンなどが有効です。

またよく言われることですが、人の体内時計が
不調になっているので、夜更かしを避けて、朝朝日を浴びる、
ことで体内時計を正常に戻すことです。
++++++++++++++++++++

症状 : 疲れやすい

大量の活性酸素が体にダメージを与え疲労を引き起こす。

多くの疲れは自律神経の乱れが原因で起こります。

自律神経は体温や血圧、内蔵の働き、
血液の循環などをコントロールしています。

そのリズムが崩れると疲労が作り出されます。

自律神経のリズムを崩すもの、更に体に直接ダメージを
与えり物は、活性酸素です。

活性酸素は、ストレスや、不規則な生活、
偏った食生活、紫外線などで、
大量に発生して疲労を作り出します。

疲れがたまったまま放置すると自律神経の乱れが
改善されず、体調不良が続く未病の状態になってしまします。

そして、免疫システムにもダメージを与えるので、
様々な病気の原因になります。

** 改善するためには

疲労をためないためには、生活リズムを整えることが
一番の対策です。

また日常こまめに体を動かしているとFRという
疲労回復物質の分泌が多くなっています。

この理由で、体調が良いときは
体を動かすことが有効です。

サプリメントでおすすめは、活性酸素の除去効果がある
ビタミンA,C,Dや、抗酸化力が強いアスタキサンチン、
リコピンなどのポリフェノールの摂取が有効です。

そして、ビタミンB1や、コエンザイムQ10は
体内でエネルギー生成効率をたかめて、
疲労回復を早めます。

そして、イミドペプチドは、疲労の
予防と回復に有効と言われています。

************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア