FC2ブログ

記事一覧

人の意思と無関係に動く自律神経、このバランスを保つ食事習慣、生活習慣が大切です。

内臓を動かす、血流を良くするなどの
活動は人の意思と無関係に行われており、
意識させて動かそうとしても、
人の体は神経系統の他も、
総合された機能が統合されて活動するため
不可能と言えます。

この機能のために自律神経と言われます。

内臓が自分の意志で勝手に動かれては
かえって困ることがあるからです。

このため、自律神経の機能を使って
内臓など多くの臓器を動かすしています。

自律神経は交感神経、副交感神経が
うまくバランスを取りながら活動しており、
健康を保つようにします。

しかし、このパワーバランスが崩れてしまうと
体中に様々な影響を与えます。

めまいがする、動悸に襲われる、
耳鳴りがする、眠れないといったことになり、
いくら薬を飲んでも
効果が出ないということもあります。

こうした場合は自律神経の乱れが起きており、
それを改善することが大事です。

自律神経の改善に関して
3つの対策が存在します。

まずは食事です。

バランスのいい食事を心がけることが大切であり、
ビタミンが豊富な食事を心がけることが重要です。

自律神経の乱れに悩んでいる人の多くは
朝食を食べてず、三食を食べていないという人が
意外と多いため、三食をきちんと食べることも
大事になってきます。

次に運動です。

運動をすることで交感神経を活発に出来ます。

運動をすると体温が上がり、
血流もよくなります。夜に向けてだんだんと
体温が下がり、副交感神経が
優位に働くようになり、
それで眠りにつきやすくなります。

逆に夜に交感神経を活発にさせると
眠くなくなってしまう、
もしくは負担をかける形で
寝ることになるため、寝付けなくなります。

最後にマッサージです。

普段仕事の後など、筋肉が緊張している状態は
リラックスとはほど遠く、
交感神経が常に優位にある状態となっています。

その時点でバランスが崩れており、
体や神経の歪みにつながり、
体全体が酸素不足になるような状態に
なっています。

この状態は、仕事の緊張から活性酸素が
大量に発生して体が酸化され、
老廃物が蓄積された状態です。

特に肩から首のあたりに自律神経が
集注しているため、首の周りをマッサージしてほぐし、
自律神経を整えていくことが可能です。

お風呂に入るときも10分―15分首までつかり、
血行を良くして体全体の筋肉や内臓の
緊張を緩めてリラックスすることが良い方法です。

自律神経の乱れを改善するには、
食生活の乱れの改善だけではなく、
日ごろの生活習慣の見直しも
必要になっていきます。

睡眠時間もできる限り一定の時間を同じ時間帯に取り、
お酒などに頼らないで睡眠に入れるようにして、
食事も一定の時間に必要量を食べ、
毎日適度な運動をすることを続ければ、
自然の生活リズムができて、自律神経の乱れは
改善され、めまいや動悸、耳鳴りといった
体全体の不調も解消され、
毎日を元気に暮らしていくことが
できるようになります。

< ここにおすすめのサプリメントのリンクです >

生漢煎 苓桂朮甘湯めまい、
耳鳴りに効く! 
ー第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】
○「生漢煎 苓桂朮甘湯」(りょうけいじゅつかんとう)は,
4種類の生薬を配合した体内の水滞に働きかけて
めまいや耳鳴りを改善する漢方薬です。
○耳鳴りやめまい以外にも立ちくらみ
、頭痛、動悸、息切れ、神経症、神経過敏にも効きます。
○天然由来の生薬を使用するため、
副作用が少なく、体のバランスを整えます。
< チェック 


************************

** 自律神経のバランスが崩れると
         生ずる体の不調の一つが不眠です。

どうしても眠れない、なかなか寝付けない、
そんな日が誰にでもあります。

眠りが浅い時に使えるものに、
メラトニンを摂取できるサプリメントがあります。

人間の体の中に存在するメラトニンとは
ホルモン成分の一つで、
眠りに誘う働きを担っている成分です。

メラトニンはどういった作用を
人の体に対してしているのでしょうか。

メラトニンが作用すると血圧や体温が下がり、
脈拍が少なくなりますので、
人の体は眠りにつきやすくなります。

目覚めた時には、朝日をしっかり体に浴びて
1日をスタートさせて、
規則正しい生活リズムを送ることにより、
メラトニンの分泌量が調整されます。

忙しい現代の人は、仕事の都合などで
生活リズムが乱れがちで、
朝日を浴びることもなかなか
出来ない人も少なくありません。

太陽の光を朝のうちに受ける時間が
日によって一定しないという場合は、
メラトニンも規則正しく
分泌されなくなってしまうことがあるようです。

体内にメラトニンがつくられないため、
うまく眠れないという方もいるようです。

ティーンエイジャー以下の子供は
睡眠時間が長めですが、
それは、メラトニンの働きが活発な時期に
相当するという人もいます。

ぐっすり眠れることと、
メラトニンの分泌は重要な関わりがありますので、
よく眠れない時はメラトニンサプリメントを
使ってみてください。

眠れなくて辛い時には、
助っ人として役に立つメラトニンの
サプリメントとして使ってみてはいかがでしょうか。
+++++++++++++++++++

** 自律神経のバランスが崩れると
         生ずる体の不調の一つが耳鳴りです。

絶えず耳鳴りが続いてるような状態になると、
日々の生活に対しても問題が
起きるようになります。

気になる耳鳴りを解消するために、
解消に効果がある成分をサプリメントによって
摂取している人もいます。

耳鳴りが起きてしまう原因が分からず、
どうすれば日常生活に支障がある耳鳴りを
解消できるのか悩んでいる人も
少なくないようです。

たくさんの人が困っているという耳鳴りは、
なぜ起きるのでしょう。

突発性難聴は、細菌やウイルスが
原因となって起きる症状です。

このほかに老人性難聴があり、これは老化現象の
一つとして起きるものであり、原因は全く異なります。

中には、継続的な強いストレスを受けたために
耳鳴りがするようになったという人もいて、
何が原であったかは、人によってまちまちです。

また、頭の中でキーンという音がして、
頭痛が消えないという場合は、
何らかの疾患が起きていることが
ありますので、病院の診察を受けることが必要です。

耳鳴りで悩んでいる人の多くが利用している
サプリメントとしは、蜂の子やイチョウの葉、
ニンニクの成分が配合された商品です。

このようなサプリメントを日頃から
摂取することで、耳鳴り対策にしている
という人は多いようです。

もう一つの原因に自律神経の乱れが、
耳鳴りにつながっていることがあります。

交感神経と、副交感神経がスムーズに
機能を果たせるように、
神経の働きを整えるサプリメントが使われます。

サプリメントは食品と
同じカテゴリに分類されており、
医薬品のような即効性は期待できません。

サプリメントは、体質を健康に
近づけるために使うものといえます。
+++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア