FC2ブログ

記事一覧

現代の高齢化社会に多い病気は認知症です。アルツハイマーに対する効果的なサプリは?

症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

** 要因

頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
特にはっきりした現因がないのに
繰り返し起きる一次性頭痛と、
何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
頭部の血行が悪くなることで起こります。

頭部や首筋が締め付けられるように
痛むことが特色で、ストレスの多い人、
長時間パソコン作業をする人に見られます。

次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。

二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。

** 改善方法

頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
軽いジョギングなどが良いです。

サプリメントは、末梢血管を広げて
血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
レシチンがおすすめです。

扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
予防に効果があります。

症状 : 物忘れが多い

記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
状態を認知症と言います。

記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
分からなくなったり、食事をしたこと自体
忘れてしまうのは認知症です。

認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
アルツハイマー型認知症です。

** 認知症のタイプは次の4種類です

この症状の発症する原因によって、
認知症は4つの種類に分けられます。

1つはアルツハイマー型、

2つ目が脳血管型、

3つ目はレビー小体型、

4つ目が前頭側頭型。

このうちのアルツハイマー型は全体の
60パーセントを占めるとも言われており、
特に女性に多いものです。

原因はアミロイドβペプチド、
タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
脳に蓄積して、神経細胞の働きが
低下することが原因です。

** 改善方法

認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
早期発見することが大事です。

糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
2倍であるため、これらの生活習慣病を
改善することが効果的です。

健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

認知症の予防、改善が期待される食品成分は
クルクミンです。

クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
取り除く作用があるという報告があります。

そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
脳機能を高めるDHAなどが有効です。

< ここからおすすめのサプリのリンクです >


ハピネス マンボウサンQ
マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!!
マンボウサンQはマンボウ肝油、
ビタミンE含有植物油、コエンザイムQ10が入った、
飲みやすい粒タイプのサプリメントです。
< チェック >
マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。


************************

** アルツハイマー病と認知症は
      一般的に同じ病気であるという見方が多く、
        違いが分かりにくいもの。

今テレビやその他のメディアで話題に上ることが
多い認知症はアルツハイマーと
混同されて言われることが多いですね!!

その理由はどちらも「痴呆」が
症状としてあることが原因でしょう。

しかし実際は明確に異なる用語です。

「認知症」とは、
「認識、記憶、判断」の力に
障害が起こることによって、
社会的に様々な支障をきたしている状態のことで
すなわち、病状を言います。

一方、「アルツハイマー病」は
認知症の大きな原因とも言うべきもので、
脳の一部が老化などに伴って
変化することによって生じる
病気自体のことを言います。

** ここに認知症の病理の説明です

脳は人間の体や精神の活動の
司令塔とも言える器官ですが、
この脳の脳細胞が様々な理由で
死んでしまったり働きが
悪くなることによって、
身体活動や精神活動が
うまくいかなくなっている状態が
「認知症」と言われるものです。

認知症にある症状には「中核症状」
というものがありますが、
これは脳の神経細胞が破壊される
ことによって起こるもの。

特に大きな症状として挙げられるのが
「記憶障害」と言われており、
記憶することが困難となるため、
直前の出来事を思い出すことが
できなくなります。

また、特徴的なものに、
脳が正常だった頃の記憶の方が
比較的覚えていることが
多いということが挙げられますが、
これも症状の進行と共に
少しずつ失われていくもの。

その他には見識等障害と言われる
症状がありますが、
これは筋道を立てて思考することが
できなくなることや、
時間や場所などを
把握できなくなることなどがあります。

アルツハイマー病は、老化などが原因で
βアミロイドと呼ばれる
タンパク質が脳に溜まり、
それが原因で脳の神経細胞が減少したり、
「海馬」と呼ばれる記憶を
司る器官が委縮することが分かっています。

それによる症状もやはり、
記憶障害や見識障害と
言われているものですが、
アルツハイマーに関しては
原因が分かっているからこそ、
進行を遅らせる手段があるのも特徴です。

ですから、このアルツハイマーが
原因となっている認知症であっても、
症状を進行させないように
することができるのです。

初期症状として見られるものには
様々なものがありますが、
記憶障害や見識障害を疑った場合には、
できるだけ早めの受診をすることが
大切でしょう。

+++++++++++++++++++++++

** ここに、認知症に対処する
         サプリメントについてです

抗老化作用を求めて、サプリメントで
抗酸化作用のある成分を
摂取する人は多いようです。

たくさんのサプリメントの中から
どのように選んだら良いのでしょうか。

体に有害な活性酸素を抑える
サプリメントとして抗酸化サプリメントは
注目されています。

アスタキサンチンや、
コエンザイムQ10などの、
抗酸化力の強い成分のことを
見聞きしたことはないでしょうか。

活性酸素を除去することよって
新陳代謝を活発にして、脳の老化防止
内臓器官の活性化、肌の若返りを促すなど
アンチエイジングの効果が高いことで
非常に人気があります。

たくさんの人が、抗酸化サプリメントを
利用しています。

一つの成分が酸化防止に
貢献しているのではなく、
複数の成分がそれぞれ機能することで
抗酸化力がよりアップします。

他のサプリメントを合わせて
摂取するようにしたほうがより
効果をアップさせることができます。

抗酸化サプリメントを選ぶ場合には、
栄養機能食品など他の成分と
一緒に配合されているものを
選ぶのも良いかもしれません。

最近では、アンチエイジングのための
抗酸化が流行していることに
便乗して、質の悪いサプリメントを
売りつける業者もいます。

しっかりと成分表示を読んで有効成分が
きちんと含まれているものを
選ぶことが大切です。

健康にいい生活、食事、運動と共に
抗酸化サプリメントを使うことで、
年を取っても脳機能も体も若々しく
維持しましょう。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア