FC2ブログ

記事一覧

現代の社会的に大問題の病気は認知症です。その病理と効果的なサプリは?

症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

** 要因

頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
特にはっきりした現因がないのに
繰り返し起きる一次性頭痛と、
何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
頭部の血行が悪くなることで起こります。


頭部や首筋が締め付けられるように
痛むことが特色で、ストレスの多い人、
長時間パソコン作業をする人に見られます。

次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。

二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。

** 改善方法

頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
軽いジョギングなどが良いです。

サプリメントは、末梢血管を広げて
血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
レシチンがおすすめです。

扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
予防に効果があります。

症状 : 物忘れが多い

記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
状態を認知症と言います。

記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
分からなくなったり、食事をしたこと自体
忘れてしまうのは認知症です。

認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
アルツハイマー型認知症です。

** 認知症のタイプは次の4種類です


この症状の要因によって、
認知症は4つの種類に分けられます。

1つはアルツハイマー型、

2つ目が脳血管型、

3つ目はレビー小体型、

4つ目が前頭側頭型。

このうちのアルツハイマー型は全体の
60パーセントを占めるとも言われており、
特に女性に多いと言われているものです。

原因はアミロイドβペプチド、
タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
脳に蓄積して、神経細胞の働きが
低下することが原因です。

** 改善方法

認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
早期発見することが大事です。

糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
2倍であるため、これらの生活習慣病を
改善することが効果的です。

健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

認知症の予防、改善が期待される食品成分は
クルクミンです。

クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
取り除く作用があるという報告があります。

そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
脳機能を高めるDHAなどが有効です。

< ここからおすすめのサプリのリンクです >


3つのクリアサポート成分を贅沢に配合!
【プラズマローゲン18000】
近年の超高齢化社会は深刻な
問題として取り上げられています。
毎日大変なのに、親のお世話までとなると
とても手が回りませんよね。
【親に飲ませたいサプリメント】
ひらめくサプリ「プラズマローゲン18000クリルオイルプラス」で
少しでも楽になるようにサポートいたします!
< チェック >
3つのクリアサポート成分を贅沢に配合!【プラズマローゲン18000】


************************

** 認知症の病理の説明

認知症には最も多いアルツハイマー型を
はじめレビー小体型や
脳血管性認知症など様々なタイプがあり
現れてくる症状も多岐にわたります。

具体的には物忘れが
目立つようになってきたり、
何度も同じことをくり返して言うなどの
記憶障害が挙げられます。

その他にも性格が変容したり
徘徊や暴言・暴力が出現することもあります。

さらにひどくなってくると幻覚・妄想といった
精神症状をきたす場合もあります。

認知症は進行性をたどるため
このような症状を早期に発見して
適切なケアを行っていくことが
重要となります。

** 認知症にならないための予防方法 !!

しかしまずは認知症に罹患しないために
しっかりと予防していかなければなりません。

認知症に罹患する原因の多くが
日頃の生活習慣が大きく関わっていることが
わかっています。

そのため食生活では野菜や果物、
あるいは青魚を積極的に食べることで
脳の認知機能を正常に維持できます。

また週に3日程度の有酸素運動や
太陽光をしっかりと浴びることも有効です。

また単に、日常の生活で買い物、散歩などで、
外出することも効果があります。

現代の高齢化社会で、社会的なつながりが
希薄になると、社会的なコミュニケーション
が減って、機能が低下すると
発症しやすくなります。

これに対処する方法は、文字を多く読む、
文字を多く書くことや、
美術品に触れるなども効果があります。

そしてより多くの人と接触し
コミュニケーションを盛んにして、
会話することも認知症予防には
欠かすことができません。

もちろん禁煙と節酒を心掛けることも必要です。

近年、テレビの健康維持増進のテーマの
番組でも放送されていますが、
最新の治療方法は盛んに研究されています。

それでも認知症に罹患してしまった場合でも
適切なケアを行うことで症状を
改善させることが可能です。

** 具体的な改善のためのメニュー !!

具体的な改善方法としてはコレステロールや
塩分の高い食事を控えて野菜や
果物を多く取ることで、果物に含まれる
ポリフェノールの抗酸化作用により
認知機能の低下を予防することができます。

また日々の食事で不足しがちな栄養素を
サプリメントで摂取するのもよいでしょう。

例えば血中コレステロールをコントロールする
オメガ3脂肪酸や熟睡作用のある
グリシンを多く含むサプリメントなどは
とてもおすすめです。

認知症だからといって隔離したり
ケアを放棄することはますます
症状を進行させることになってしまいます。

認知症に罹患している本人が
最も苦しんでいるということを
十分に理解した上でこれらのケアを行うことで
認知症の予防や改善を行うことができるため
あきらめずにぜひ実践してみてください。

+++++++++++++++++++++++

** 認知症、およびうつに効果的なサプリメント

ストレスを抱えながら
生きている人が多い昨今、
うつの症状に悩まされているという人は
意外と大勢いるようです。

うつ対策のサプリメントには、
どんなものがあるでしょう。

病院に行くほどではないけれど
気持ちが沈むということがあります。

セントジョーンズワートという
ハーブからつくったサプリメントは、
うつによいと言われています。

セントジョーンズワートは、
セイヨウオトギリソウという
名称もついており、欧州では
抗うつ剤の成分にも用いられています。

薬となると服用に躊躇してしまう人が
多いですが、サプリメントだと
気軽に摂取できるので軽度の症状が
現れているときには最適です。

金額はだいたい2千円ほどで手に入り、
ネットショップなどで
よく見かけることができます。

サプリメントがたくさん販売している
ドラッグストアなら、
商品が並んでいることがあります。

もしも、セントジョーンズワートを
使うことになったら、
事前に確認しておきたいことが、
他の薬と併用する場合です。

手軽にカバンの中に忍ばせておくだけで
安心できるので、なんだかやる気が
でないときには是非サプリメントを
うまく使ってみてください。

生活習慣病を放っておけば大変な
病気になる事も忘れない様にしましょう。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア