FC2ブログ

記事一覧

現代の高齢化社会に大問題の病気は認知症です。その病理と効果的なサプリは?

症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

** 要因

頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
特にはっきりした現因がないのに
繰り返し起きる一次性頭痛と、
何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
頭部の血行が悪くなることで起こります。

頭部や首筋が締め付けられるように
痛むことが特色で、ストレスの多い人、
長時間パソコン作業をする人に見られます。

次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。

二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。

** 改善方法

頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
軽いジョギングなどが良いです。

サプリメントは、末梢血管を広げて
血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
レシチンがおすすめです。

扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
予防に効果があります。

症状 : 物忘れが多い

記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
状態を認知症と言います。

記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
分からなくなったり、食事をしたこと自体
忘れてしまうのは認知症です。

認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
アルツハイマー型認知症です。

** 認知症のタイプは次の4種類です


この症状要因によって、
認知症は4つの種類に分けられます。

1つはアルツハイマー型、

2つ目が脳血管型、

3つ目はレビー小体型、

4つ目が前頭側頭型。

このうちのアルツハイマー型は全体の
60パーセントを占めるとも言われており、
特に女性に多いと言われているものです。

原因はアミロイドβペプチド、
タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
脳に蓄積して、神経細胞の働きが
低下することが原因です。

** 改善方法

認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
早期発見することが大事です。

糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
2倍であるため、これらの生活習慣病を
改善することが効果的です。

健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

認知症の予防、改善が期待される食品成分は
クルクミンです。

クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
取り除く作用があるという報告があります。

そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
脳機能を高めるDHAなどが有効です。

< ここからおすすめのサプリのリンクです >


プエラリア不使用のサイズアップサプリ!
【PuRuRu2】
◆セールスポイント◆
(1)プエラリアを不使用なので安心して飲める!
2017年夏にプエラリアの安全性についての
ニュースが流れましたがPuRuRu2(ぷるるぷるる)は
一切プエラリアを配合しておりません。
代わりに”エクオール”と”ジオフラボン”という成分を
配合しております。
< チェック >
バストアップサプリ【ぷるるぷるる】


************************

** 認知症の病理の説明
 

認知症に罹患すると陥りやすい
異常行動が有ります。

これは、思考能力、行動する時の瞬発的な
能力が減退するなどの原因で
起きることです。

行動・心理症状とも言われ
身辺の環境に起因して起こる症状を言います。

認知症には周辺症状をと同じく、
中核症状と呼ばれるものがあります。

中核症状とは脳の機能の低下により
引き起こるもので、
脳の細胞が少しずつ死んでしまうことで
判断力の低下や物忘れといった症状を指します。

これは罹患した本人だけに関係する
事象と言えます。

それと比べ認知症の周辺症状は、
周りの環境や本人の性格により現れるもので、
今までの行動と比べ他人に対しての
言動や行動が変化する場合が多く見られます。

認知症の周辺症状は更に9つに分類が可能です。

その1は不穏や暴力です。

これは従来から平常行っていた
行動の正常性のを失って、
周囲の人間へ攻撃的な態度で接してくる症状で
身の回りの世話をしてくれる人物にまで
暴力を振るうことがあるため、
認知症患者の症状の中でも
最大の問題と言われています。

その2は異食で

本来食べることのできない紙くずや
植物といったものを食べてしまう症状です。

原因としては視力の低下で物の判別が
うまくできなくなることや、
味覚が鈍るためと言われています。

その3は抑うつ状態です。

眠れない、食欲がわかないといった
症状が代表的で、周りから
邪魔者扱いされているといった
うつ病の症状と似たネガティブな
感情に陥りやすい傾向が出ます。

その4は徘徊です。

これは耳にすることが多い


言葉だと思いますが、
言葉通り自宅や施設から出て
目的もなくさまよう行動を言います。

周りが理解できなくても本人には
その行動の目的があると思い込むため
起こる行動っであり、
そのまま行方不明になる人も
多いことが問題となっています。

その5は介護の拒否です。

不穏や暴力と少し似ている部分もありますが、
こちらは介護しようとしても
言うことを聞いてくれないと
いったことです。

これは本人にこだわりや、受け身でされること
へのストレスがあるため起こると
考えられており、無理強いしないこと大切です。

その6は人格変化です。

不穏とも似ており穏やかな性格の人が
暴力的になったり、無口だった人が急に
陽気になって笑い出すといった
症状があげられます。

その7は妄想です。

代表的なものに物を盗られたという
被害妄想があり、認知症を発症した人の中で
多くみられる症状です。

その8は幻覚や錯覚です。

脳に異常が現れてきたかのような症状で、
健常者と比べると妄想を現実と勘違いして
騒ぎだす場合が多くみられます。
脳の機能が低下したために起きる症状と
考えられます。

その9は不眠です。

高齢者によく起きる症状で、
神経伝達物質の量が減少することで
起こりやすいといわれています。

周辺症状に対する治療法はいくつかあるので、
周りと協力して正しく対応していくことが
大切なことです。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア