FC2ブログ

記事一覧

現代大問題の病気は認知症です、要因は脳機能の低下です。その病理と効果的なサプリは?

症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

** 要因

頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
特にはっきりした現因がないのに
繰り返し起きる一次性頭痛と、
何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
頭部の血行が悪くなることで起こります。

頭部や首筋が締め付けられるように
痛むことが特色で、ストレスの多い人、
長時間パソコン作業をする人に見られます。

次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。

二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。

** 改善方法

頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
軽いジョギングなどが良いです。

サプリメントは、末梢血管を広げて
血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
レシチンがおすすめです。

扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
予防に効果があります。

症状 : 物忘れが多い

記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
状態を認知症と言います。

記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
分からなくなったり、食事をしたこと自体
忘れてしまうのは認知症です。

認知症にはいくつかのタイプがあり、
最も多いのがアルツハイマー型認知症です。

** 認知症のタイプは次の4種類です


この症状の要因によって、
認知症は4つの種類に分けられます。

1つはアルツハイマー型、

2つ目が脳血管型、

3つ目はレビー小体型、

4つ目が前頭側頭型。

このうちのアルツハイマー型は全体の
60パーセントを占めるとも言われており、
特に女性に多いと言われているものです。

原因はアミロイドβペプチド、
タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
脳に蓄積して、神経細胞の働きが
低下することが原因です。

** 改善方法

認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
早期発見することが大事です。

糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
2倍であるため、これらの生活習慣病を
改善することが効果的です。

健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

認知症の予防、改善が期待される食品成分は
クルクミンです。

クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
取り除く作用があるという報告があります。

そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
脳機能を高めるDHAなどが有効です。

< ここからおすすめのサプリのリンクです >


これ3記憶力をサポートする機能性表示食品
「オボエール」
脳の血流を改善し、認知機能の一部
(記憶力の精度)や、判断の正確さを向上させる
機能性関与成分「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、
イチョウ葉由来テルペンラクトン(以下イチョウ葉エキス)」
配合の機能性表示食品です。
< チェック >
記憶力が気になる方に「オボエール」>>詳しくはこちら

************************

** 認知症の病理とうまく向き合う方法の説明

認知症の人とコミュニケーションをとる場合、
こちら側の話し方1つで
相手の機嫌がかなり変わり、
穏やかになることもあれば、
反対に怒ってばかりになることもあります。

このため、認知症の特徴を
最初に掴むことが大事になります。

脳の機能が減退しているため認知症の人は
自分の気持ちをうまく表現する能力が
劣化しています。

脳の機能が減退しているため、
本人も周囲とのコミュニケーションが
うまく取れないことにいら立っている
可能性があります。

そのため、まだ周囲とのコミュニケーションが
未完成の人に対する対応方法を
応用することが有利です。

そこで、子どもと接するような感覚で
コミュニケーションをとるくらいの
気持ちが求められます。

まず心がけることは、
どんな言葉があったとしても
いったんそれを受け入れるということです。

通常のコミュニケーションであれば、
間違ったことを言ってたとすれば
それを是正する、否定するといったことを
して間違いであることを
伝えることができます。

しかしこれは健常者に対する場合です。

認知症の人の場合はこうした是正や否定を
最初にしてしまうと、疎外されたという
感情が先に出てしまい、
その結果取り乱す人が少なくありません。

そのため、明らかに間違っていたとしても、
まずはそれを受け入れるということが
大事になります。

オール受容する精神で接することです。

また、相手の意見を否定し、
自分の意見を述べても同様のことが
起こるため、基本的には
肯定してあげるという気持ちが必要です。

認知症の人とうまくコミュニケーションを
上手にとっていく方法として、
認知症の人と近くで話をすることを
心がけることが有効です。

認知症の人は常に安心を求めています。

近くで話すことにより、
ちゃんと扱ってくれているというのも
相手に伝わります。

遠くからではそうはなりません。

できる限り、目の前で優しく、
言葉もゆっくり話すという
習慣で接することが大事です。

また、話す中身に関しても
短めにしていくことがおすすめです。

普通は、こういうことになっているから
これをしてと、こういう状況だから
こうしてほしいということを伝えます。

しかし、認知症の人は

すぐに忘れてしまうため、
なぜそれをしなければいけないのかを
理解できず、そのことで怒ってしまいます。

やってほしいことを短い言葉で
伝えるということが求められ、
とにかく簡潔に話すことが必要です。

粗相をしてしまう認知症の人は多く、
その際に不安に駆られる人がほとんどです。

そんな時に何をしているのかと
叱りつけたところでパニックになります。

粗相をしたという事実をすでに忘れており、
叱られたことだけが印象に残り、
深く、長く傷つきます。

本人の気持ちをまずは受け止めてあげること、
つらい気持ちになっていることを感じ、
その気持ちを肯定してあげることが大切です。

+++++++++++++++++++++++

** ここから認知症を予防するサプリメント
           のおすすめのものの説明です。

老化を遅くしたり、体の色々な部分の
活性酸素による劣化を抑えたり、
がん細胞の増加を抑えたりの効果がある
サプリメントについてご紹介します。

その効果があるサプリメントは、
カロチノイドが、サプリメントとして
加工され、販売されたものがあります。

カロチノイドの種類は
約600ほどもあるといわれています。

サプリメントも、にんじんに含まれている
ことでも有名なベータカロチン、
鮭やイクラに含まれるアスタキサンチン、
トマトに含まれるリコピンなど、
様々なものがあります。

カロチノイドのサプリメントは
幾つかの商品がありますが、
その中でも特に商品名が広まった
有名なものもいくつかあります。

ベータカロチン系のカロチノイドは、
抗酸化作用が強く、体を酸化させ老化させる
要因となっている活性酸素を減少させます。

がんの増加を抑えたり、老化作用を
食い止めたりという効果があることから、
注目のサプリメント商品です。

アスタキサンチン系は、βカロチン同様、
抗酸化効果の強い成分として知られています。

活性酸素を抑える働きがあるので、
いろいろな病気の予防、血行の促進、
そして、眼精疲労改善などの働きがあります。

多くのサプリメント商品で
アスタキサンチンが配合されています。

リコピン系のカロチノイドサプリメントは、
遺伝子の働きを助け、
細胞のがん化を未然に防ぎます。

いろいろな病気の元である
悪玉コレステロールを抑制して、
血管を強くすることで血栓や
動脈硬化の予防に効果があります。

どのカロチノイドを摂取すると、
自分の健康に効果があるかを
検討してサプリメントを選ぶことが大事です。

カロチノイドサプリメントの種類は豊富なので、
成分や材料をしっかり確認して購入することは
特に大切です。
++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア