FC2ブログ

記事一覧

現代社会においてうつ病は、ブラック企業、パワハラなどに関連して大きな問題です。

うつ病については医学的の専門知識で、
治療することが一般的です。
これが社会的に見ても望ましい処理方法です。

しかし、現代日常生活で色々なストレスが
あることも事実です。

これについては日常生活の中で、できる限り
自分で対処するための知識も大切です。

** 最近のテレビの健康維持増進の番組でも
       機能性食品、サプリメントについて
          多くのテーマが放送されています。

** 精神面に関連した機能性食品について
     まとめました

************************
近年第7の栄養素と言われる、ファイトケミカル
が注目されています。

ファイトはギリシャ語で「植物」の意味です。

これらは機能食品、サプリメントにも配合されて
健康の維持増進に役立てようとされています。

植物が紫外線や、虫から自らを守るために
作り出す、「色」、「香り」、「苦み」などの成分です。

人体はファイトケミカルをつくることは出来ませんが、
これらを含む植物を食べることで、
その力を取り入れて、様々な病気や老化の予防に
役立てることができます。

ファイトケミカルは人の体内で、免疫力、抗菌、抗炎症、
抗酸化作用などとして働きます。

特に注目されるのは、活性酸素の発生を抑えたり、
除去する抗酸化作用です。

これにより、LDL(悪玉)コレステロールを抑えて、
動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生、
アレルギーなどに対しても予防効果があるとされています。

** その種類

1 : ポリフェノール群のフラボノイド系

色素系成分です。
熱に強いのですが、酸化されやすい成分です。
赤ワインやブルーベリーに含まれる「アントシアニン」。
緑茶の「カテキン」、大豆の「イソフラボン」、
ごまの「セサミン」などがあります。

水溶性で、細胞内外の水分の多い部分や血液などの
体液を守ります。

渋み、苦み、えぐみ成分のフェノール酸系があります。

** 成分を含む主な食材
明日葉、温州ミカンの葉、紫蘇、春菊、緑茶、紅茶など

2 : カルテノイド群

動植物に含まれる色素成分のうち脂溶性で、βカロテン
に似た構造をもつものです。

アルコールに溶けない、カロテン類と、
溶けるキサントフィル類に分けられます。

カロテン類には、βカロテン、αカロテンなどがあります。

サントフィル類には、ルテイン、アスタキサンチン、
カププサンチンなどがあります。

** 成分を含む主な食材

ニンジンなど黄色野菜、とうもろこし、卵黄、ケール、
ほうれん草、赤ピーマンなど

3 : 硫黄化合物群

これには、玉ねぎ、にんにく、らっきょうなどの
ネギ類に含まれる成分です。
+++++++++++++++++++++++

** うつ病など精神面に関連する症状と
        サプリメントに含まれる成分の関与の一覧表

** 臓器 : 脳 についての症状

* 物忘れ

EPA,DHA  神経細胞を活性化
クルクミン  抗酸化作用で神経細胞を保護
イチョウはエキス  脳の血流をよくする
ギンコライド  脳の血流をよくする
レシチン  神経細胞の活性化
コエンザイムQ10  抗酸化作用
  
* うつ

セントジョーンズワート  神経伝達部位の調整
EPA,DHA  神経細胞の保護、神経伝達物質の調整
アセチルーL-カルニチン  神経伝達物質の調整
ホストファチジルセリン  神経伝達物質の調整
トコトリエノール  神経伝達物質の生成
トリプトファン  セロトニン生成、抗うつ作用

* ストレス

ビタミンB群  神経細胞の調整
ビタミンC  抗酸化作用で神経興奮の鎮静化
カルシューム  神経機能の安定化
マグネシューム  神経機能の安定化
DHA,レシチン、
イチョウ葉エキス、
ホストファチジルセリン  脳の神経細胞の機能維持
テアニン  緊張感軽減作用
γーアミノ酸  神経的ストレス緩和作用

* 眠れない

グリシン  睡眠リズムを改善
バレリアン  リラックス効果
ビタミンB6、ビタミンB12、
マグネシューム  神経伝達機能の調整
レクチュコピクリン  鎮静作用、睡眠促進効果
テアニン  睡眠改善作用

+++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリのリンクです >

【AT独占】長寿生活の高麗人参
ハッピーヘルツが提供する
【長寿生活の高麗人参】
前にも試したけど、だめだった。。。
そんな人にお勧めです!!
通常の高麗人参より、吸収量15倍!吸収速度3.4倍!
< チェック 
誰でも実感に近づける!〜長寿生活の高麗人参〜

+++++++++++++++++++++++

だれでもストレスを抱えて、
眠れないことはありますが、
一時的なことも多く
問題が解決すれば解決され、
回復することが一般的です。

このように、リセットされれば
問題ないのですが、回復が難しく、
完全にうつ傾向の人もいます。

ではうつ病の初期症状の10この症状とは
どのようなものなのか順番に見ていきます。

まず1つとして、睡眠障害です。

たとえばよく眠れない、
これは寝つきが悪いことです。

頭が興奮して、覚醒した状態が
静まらず睡眠に入れない状態です。

そのほか、早く目が覚める、
二度寝をしたら起きられないという症状です。

第2に日中起きている時間中に、
疲労が強く出て我慢ができずに
うたたねをしてしまうということです。

日常的に疲れがたまっていて、
睡眠も不足状態が続いている場合です。

第3に妙に現実的な夢をみてしまい、
現実と夢が混同してしまうようなことが
起きます。

第4に食欲がなくて、がんと疑われるほど
ひどく痩せてしまいます。

第5に動悸がしたり微熱があることです。

風邪をひいたわけでもないのに、
体調が悪い場合です。

( サプリメントを利用する様態 )
 説明画像00題

( サプリメントを効果的に利用する方法 )
説明画像01題


第5に歯を磨こうとすると
吐きそうになる症状がおこります。

これは喉のおくのほうに
歯ぶらしが当たったわけでもないのに、
吐き気を覚えるということです。

第6に頭が締め付けられるような
痛みや首や肩がこります。

首や肩のこりは慢性的な疲労が蓄積した
場合の症状です。

第7は首だけでなく目や耳、口が痛い、
あるは手足や腰などどこでも
痛くて苦しいということです。

第8にだるくてめまいがして、
へんな汗がでる

第9に性欲が減退して
生理不順もある状態です。

第10として曇りの日や雨が降ると
体調が悪いということです。

このようなことがうつ病の初期症状と
いわれています。

これらのどれもが思い当たると
いう人もいるはずです。

+++++++++++++++++++++++

つまりこのような症状の根本は
自律神経の乱れによって
おこることがあります。

これらは、自分の体の変調によく注意して
早く気付くことで病気から逃れられます。

深刻なうつ病になっていなくても、
このような症状を感じることが
あるというひとは、初期のうつ病に
なっている可能性があるということです。

もし自分が不眠で悩んでいたり、
いままで活動的だったのに
無気力になってしまったとか、
周囲の人や友人に不眠で悩んでいるとか
よく眠れないという人がいたら
それはうつ病の初期症状である
可能性があります。

初期の段階でしたら、病院にいって、
受診して、治療をうけると
早期に回復することができます。

また自律神経の乱れを直すには、
色々な方法がありますがその一つは
ヨガが効果的なことがあります。

自分の呼吸に向き合ったり、
ポーズをとっていくことで、
血流がよくなったり代謝力が
あがっていきます。

なにより汗をかいて疲れることで
睡眠障害が改善できるというのが
大きな効果を生みます。

適度な運動と生活習慣を見直すことで
うつ病などの非常に苦しむ病気を
予防して健康な日常生活を
送ることができます。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア