FC2ブログ

記事一覧

近年メディアでも取り上げられているパワハラのストレス、うつ病になることから逃れるには。

近年第7の栄養素と言われる、ファイトケミカル
が注目されています。

ファイトはギリシャ語で「植物」の意味です。

これらは機能食品、サプリメントにも配合されて
健康の維持増進に役立てようとされています。

植物が紫外線や、虫から自らを守るために
作り出す、「色」、「香り」、「苦み」などの成分です。

人体はファイトケミカルをつくることは出来ませんが、
これらを含む植物を食べることで、
その力を取り入れて、様々な病気や老化の予防に
役立てることができます。

ファイトケミカルは人の体内で、免疫力、抗菌、抗炎症、
抗酸化作用などとして働きます。

特に注目されるのは、活性酸素の発生を抑えたり、
除去する抗酸化作用です。

これにより、LDL(悪玉)コレステロールを抑えて、
動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生、
アレルギーなどに対しても予防効果があるとされています。

** その種類

1 : ポリフェノール群のフラボノイド系

色素系成分です。

熱に強いのですが、酸化されやすい成分です。
赤ワインやブルーベリーに含まれる「アントシアニン」。
緑茶の「カテキン」、大豆の「イソフラボン」、
ごまの「セサミン」などがあります。

水溶性で、細胞内外の水分の多い部分や血液などの
体液を守ります。

渋み、苦み、えぐみ成分のフェノール酸系があります。

** 成分を含む主な食材

明日葉、温州ミカンの葉、紫蘇、春菊、緑茶、紅茶など

2 : カルテノイド群

動植物に含まれる色素成分のうち脂溶性で、βカロテン
に似た構造をもつものです。

アルコールに溶けない、カロテン類と、
溶けるキサントフィル類に分けられます。

カロテン類には、βカロテン、αカロテンなどがあります。

サントフィル類には、ルテイン、アスタキサンチン、
カププサンチンなどがあります。

** 成分を含む主な食材

ニンジンなど黄色野菜、とうもろこし、卵黄、ケール、ほうれん草、
赤ピーマンなど

3 : 硫黄化合物群

これには、玉ねぎ、にんにく、らっきょうなどの
ネギ類に含まれる成分です。
+++++++++++++++++++++++

主な症状とサプリメントに含まれる成分の関与の一覧表

** 臓器 脳の機能を改善することが期待できる成分です

* 物忘れ

EPA,DHA  神経細胞を活性化
クルクミン  抗酸化作用で
イチョウはエキス  脳の血流をよくする
ギンコライド  脳の血流をよくする
レシチン  神経細胞の活性化
ホトファツジルセリン  神経細胞の活性化
トコトリエノール  抗酸化作用
アスタキサンチン  抗酸化作用
コエンザイムQ10  抗酸化作用
  
* うつ

セントジョーンズワート  神経伝達部位の調整
EPA,DHA  神経細胞の保護、神経伝達物質の調整
アセチルーL-カルニチン  神経伝達物質の調整
ホストファチジルセリン  神経伝達物質の調整
トコトリエノール  神経伝達物質の生成
トリプトファン  セロトニン生成、抗うつ作用

* ストレス

ビタミンB群  神経細胞の調整
ビタミンC  抗酸化作用で神経興奮の鎮静化
カルシューム  神経機能の安定化
マグネシューム  神経機能の安定化
DHA,レシチン、
イチョウ葉エキス、
ホストファチジルセリン  脳の神経細胞の機能維持を助ける
テアニン  緊張感軽減作用
γーアミノ酸  神経的ストレス緩和作用

* 眠れない

グリシン  睡眠リズムを改善
バレリアン  リラックス効果
ビタミンB6、ビタミンB12、
マグネシューム  神経伝達機能の調整
レクチュコピクリン  鎮静作用、睡眠促進効果
テアニン  睡眠改善作用
+++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめのサプリメントのリンクです >

KUROJIRU
3つの炭と9つの黒成分、
250種の植物発酵エキス、
乳酸菌が入ったチャコールクレンズダイエットの決定版
これまでのチャコールクレンズは、
味のない炭成分だけのもの飲むスタイルが主流でしたが、
KUROJIRU(黒汁)は
合成甘味料を不使用かつ黒糖と玄米の自然な味わいに
仕上げました。美しくすっきりを目指します!
< チェック >
KUROJIRU
+++++++++++++++++++++++

近年、うつ病になる人が増えています。

それはメディアで取り上げられている、
パワハラなどの仕事上の過度なストレスと
関連がある場合があります。

しかし、そんな社会情勢でも、自分でうつ病から
逃れられる方法を考えることもできます。

働き盛りの30代~50代に
発症することが多く、
いつ誰がうつ病になっても
おかしくない世の中と言えるでしょう。

治療法は投薬やカウンセリングが
一般的ですが、食事によっても
症状を改善することができます。

うつ病は、環境的な要因や
性格によるものも大きいので、
一概には断言できませんが、
食事と大きな関わりがあります。

うつ病に悩む人の95%が食事に
なんらかの問題があり、
それを改善することで
うつの症状が改善されるとも
言われています。

甘いものばかり食べていたり、
無理なダイエットによって
栄養が不足するとうつの症状を
引き起こしやすくなります。

うつ病は脳の中のセロトニンという
神経伝達物質が不足することで
引き起こされると言われています。

そのため、食事療法によるうつの治療は、
セロトニンの材料となる
栄養素を摂ることで症状の改善を
目指す方法となります。

セロトニンの材料となるのは
トリプトファンと呼ばれる物質で、
納豆や豆腐などの大豆製品やバナナ、
ナッツ類、卵、乳製品に
多く含まれています。

これだけを食べれば症状が
改善するというものではなく、
その他の栄養素とバランスよく
摂取することが大切です。

鉄分や亜鉛、ビタミンB群、
たんぱく質が欠乏することも
うつの症状と大きく関わるため、
ビタミン、ミネラル、
アミノ酸をバランスよく摂ることを
意識した食生活を心がける必要があります。

また、低血糖症もうつ病と
深くかかわる栄養の問題です。

低血糖症は血糖値が低くなって
起こる病気だと思われがちですが、
血糖値が上がったり下がったりを
繰り返したり、インスリンの分泌が
正常でなくなることは大きな問題です。

低血糖症になると、一日を通して
安定した血糖値を維持することが
できなくなり、そのことが
体や心に大きな影響を及ぼします。

不眠や集中力の低下、疲労感、倦怠感、
不安感などのうつの症状は、
実は低血糖症が原因で起こる場合が多い
と言われています。

食事の際に野菜から食べると、
血糖値の急激な上昇を
防ぐことができるので、
食べ方にも注意が必要です。

うつ病で苦しむ人が増えているなか、
一般的な投薬やカウンセリングなどの
治療ではなかなか改善されない
という人もいます。

そんな人は食事療法や
サプリメントの活用で改善を
目指すことも良いのではないでしょうか。

++++++++++++++++++++++

( サプリメントを利用する様態 )
説明画像00題

 
( サプリメントを効果的に利用する方法 )

説明画像01題

** うつ病の改善ができる
     サプリメントを考えてみます

うつ病対策には、薬だけでなく、
サプリメントを使う方法もあります。

日々の食卓で食べるものだけでは
足りないものを、サプリメントで
摂取することができます。

体に必要な栄養が不足して
調子を崩すという点では、
うつ病も同じです。

うつ病の時に使うといいサプリメントといえば、
やる気を高めるようなものです。

うつ病は、何だか身体が重くてやる気がでない
という症状が強く出てしまう病気です。

どうにかしたいけれども、
どうにもできないという
悪循環で縛られて苦しみます。

DHAなど、脳の働きを活性化する
サプリメントが、うつ病に対しては効果的です。

脳機能が円滑に動くことによって、
何かをやり遂げたいという気持ちがアップします。

DHAを食事で摂取したいという時には、
イワシやサンマなどの青魚がお勧めです。

サプリメントを摂取することで、
脳が活発に機能し、うつの症状を改善します。

うつ病対策に有効なサプリメントとしては、
アミノ酸の一つである
チロシンサプリメントもあります。

うつ病は、感情に関わる病気ですが
アミノ酸は感情を沈めてくれる
効果があると期待されています。

うつ病を克服したい人は、
積極的に良いと言われているサプリメントを
摂取して健康な身体や脳を
育てていくことが良い対策です。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア