FC2ブログ

記事一覧

うつ病を軽減する方法は、腹式呼吸をし、同時に瞑想をして、自律神経の副交感神経を優位にします。

** 主な症状とサプリメントに含まれる成分の関与の一覧表

** 臓器 脳に関連する症状の改善が期待できる

* うつ

セントジョーンズワート  神経伝達部位の調整
EPA,DHA  神経細胞の保護、神経伝達物質の調整
アセチルーL-カルニチン  神経伝達物質の調整
ホストファチジルセリン  神経伝達物質の調整
トコトリエノール  神経伝達物質の生成
トリプトファン  セロトニン生成、抗うつ作用

* ストレス

ビタミンB群  神経細胞の調整
ビタミンC  抗酸化作用で神経興奮の鎮静化
カルシューム  神経機能の安定化
マグネシューム  神経機能の安定化
DHA,レシチン、
イチョウ葉エキス、
テアニン  緊張感軽減作用
γーアミノ酸  神経的ストレス緩和作用

* 眠れない

グリシン  睡眠リズムを改善
バレリアン  リラックス効果
ビタミンB6、ビタミンB12、
マグネシューム  神経伝達機能の調整
レクチュコピクリン  鎮静作用、睡眠促進効果
テアニン  睡眠改善作用
+++++++++++++++++++++++

うつ病を発症してしまうと、
自然治癒することはまずありません。

医師の診察を受け、指示に従って
家族の協力も含めた治し方を
実践することが重要になります。

うつ病は休養と投薬治療によって
徐々に治していく治し方が一般的です。

時間を掛けて快方に向かっていく病気なので、
焦らず、ゆっくりと治療を
続けることが肝要です。

まず、うつ病だと診断されたら
十分な休養を取るようにしましょう。

仕事を持っている場合は職場に
医師の診断書を添えて休職願を出し、
長期的に仕事を休んで休養する
段取りを付けます。

もし職場の理解がないのであれば、
退職することも視野に
入れる必要があります。

発症した原因にもよりますが
毎日の仕事を続けながら
完治させることは非常に難しく、
さらなる悪化を招くことが
ほとんどです。

自分自身を休養させることが
うつ病の正しい治し方なのです。

また、うつ病の治療は十分な休養を
取るだけでは進行しないだけであって
快方に向かわないことも
少なくありません。

その場合は医師から薬を処方してもらい、
投薬治療も並行して行います。

どれも情報伝達物質のバランスを
整える作用があり、
回復のための大きな力になります。

ただし、人によっては吐き気や便秘、
下痢、喉の渇きといった副作用が
出ることもあるので、
そういった症状が現れた場合は
すぐに医師に相談しましょう。

うつ病の治し方は休養と投薬が中心ですが、
大切なことは家族の理解です。

うつ病になった本人は仕事を続けたいという
希望があるはずですが、
家族をはじめとする周囲の人間が
その意見を押しとどめ、
休養を優先させることを
本人に理解させてあげなければなりません。

うつ病は仕事が原因で発症することが
多いので、仕事を続けていては
回復しないのです。

また、仕事をしていないからといって
家庭内の炊事や洗濯、子どもの世話といった
役割を強要させることも避けるべきです。

そういった役割を担ってしまうと
体力面はもちろん精神面で
十分な休養が取れず、
回復が進みません。

周囲から見ると、本人は一見
何もしていないように見えますが、
それこそがうつ病の治し方なのです。

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >


記憶力をサポートする機能性表示食品「オボエール」
脳の血流を改善し、認知機能の一部(記憶力の精度)や、
判断の正確さを向上させる機能性関与成分
「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、
イチョウ葉由来テルペンラクトン
(以下イチョウ葉エキス)」配合の
機能性表示食品です。
< チェック >
記憶力が気になる方に「オボエール」>>詳しくはこちら

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントを利用する様態 )
 説明画像00題

( サプリメントを効果的に利用する方法 )

説明画像01題

+++++++++++++++++++++++

** うつ病になるとよくあらわれる症状と
       それに対する対処方法

うつ病と聞くと、元気がなくなって
何もやる気がおきなくなる、といった症状を
思い浮かべる人が多いようですが、
イライラもうつ病の症状の
1つとしてあげられます。

イライラが止まらない場合、
何か良い解決法や改善法はないのでしょうか?

イライラの改善法の1つとして、
呼吸法があります。

うつ病の人は、肩で息をしている人が
多い傾向があります。

肩で息をすると胸式呼吸になってしまうのですが、
この胸式呼吸は、交感神経の働きを
優位にして心身を緊張させてしまう呼吸法です。

また、逆にストレスがあるから
胸式呼吸になってしまっているとも言えます。

ストレスで胸式呼吸になり、
胸式呼吸で心身が緊張してストレスになり、
と悪循環に陥ってしまうのが、胸式呼吸です。

この、悪循環を断ち切るには、
胸式呼吸ではなく腹式呼吸を
心がけることが大切です。

腹式呼吸法は、副交感神経を
優位にして心と体をリラックスさせてくれます。

** 幸せホルモンセロトニンについて

脳に酸素が十分に届くと、ストレスを
緩和する働きがある
セロトニンと言う物質が分泌されます。

セロトニンは別名、
幸せホルモンと呼ばれています。
うつ病の人は腹式呼吸を心がけて、
セロトニンを増やすことが大切です。

セロトニンを増やすことで、
マイナスの感情が軽減します。

幸せホルモンセロトニンは体の主な筋肉を
動かすことでも分泌されます。

体を動かさないでいると、気がめいるのは
うつ状態の進行につながります。

特に太ももの筋肉を動かすと良く分泌されます。

これには、外に出れないときでも、
家の中を出来るだけ移動して、足踏みなどの
運動を取り入れることが有効です。

また、息切れが起きにくくなったり、
よく眠れるようになるという報告もあります。

おなかの横隔膜を動かすと、胃、小腸、大腸
などが外部から活動の力を受けて
活発になります。

その他にも、疲れにくくなる、
便秘が改善する、胃腸の調子が良くなる、
頭痛が軽減する、体内時計が
改善するなども報告されています。

うつ病だけではなく、体調も良くなります。

体調が良くないと、それが原因となって
イライラを助長させてしまうので、
うつ病の改善には運動を取り入れて
体調を整えることも大切なことです。

** 試してみると良いサプリメントは ??

皆さんは、現在注目されている  
メラトニンという物質をご存知ですか。

メラトニンとは動物ホルモンの一種で、
人間では睡眠に関連しています。

睡眠時間が一定しないと、
体内のメラトニンが少なくなります。

その結果、寝つきが悪くなってしまうという、
不眠症の症状が出ることがあります。

近年では、不眠症で困っている人が増加しており、
根本的な対策を求める声も上がっています。

多くのサプリメント販売会社が、
不眠の症状を改善する効果がある
サプリメントを求めて、研究開発を継続しています。

そして、不眠の症状を
和らげる効果が期待できるという、
メラトニンのサプリメント販売が
始まったというわけてす。

メラトニンが配合されたサプリメント商品が
販売されるようになり、
睡眠の改善をしたいと考えている方にとって、
大変役に立つ商品となっています。

サプリメントにするといつでもどこでも、
手軽にメラトニンを摂取することができます。

外出先にも持っていくことができますので、
必要な成分が不足していると感じた時には、
すぐに飲むことが可能です。

最近、不眠の症状が続いるという人でも、
メラトニンのサプリメントなら、
欲しい時にすぐに飲むことが可能です。

ストレスか不眠症になってしまう子供や、
加齢による影響でメラトニンか減少し、
眠りが浅いというお年寄りもいるようです。

現代人にとっては、上質で規則正しい睡眠は
とても大事なことです。

健康状態の維持は、しっかり行いましょう。

気になった方は一度、メラトニンのサプリメントを
利用してみてはいかがでしょうか。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア