FC2ブログ

記事一覧

うつ病罹った時の、仕事への対応、復帰と再発の場合の対処、効果が出るサプリメントなど。

** 主な症状とサプリメントに含まれる成分の関与の一覧表

** 臓器 脳の機能減退による症状の改善が期待できる

* 物忘れ

EPA,DHA  神経細胞を活性化
クルクミン  抗酸化作用で
イチョウはエキス  脳の血流をよくする
ギンコライド  脳の血流をよくする
レシチン  神経細胞の活性化
ホトファチジルセリン  神経細胞の活性化
トコトリエノール  抗酸化作用
アスタキサンチン  抗酸化作用
コエンザイムQ10  抗酸化作用
  
* うつ

セントジョーンズワート  神経伝達部位の調整
EPA,DHA  神経細胞の保護、神経伝達物質の調整
アセチルーL-カルニチン  神経伝達物質の調整
ホストファチジルセリン  神経伝達物質の調整
トコトリエノール  神経伝達物質の生成
トリプトファン  セロトニン生成、抗うつ作用

* ストレス

ビタミンB群  神経細胞の調整
ビタミンC  抗酸化作用で神経興奮の鎮静化
カルシューム  神経機能の安定化
マグネシューム  神経機能の安定化
DHA,レシチン、
イチョウ葉エキス、 脳の神経細胞の機能維持を助ける
テアニン  緊張感軽減作用
γーアミノ酸  神経的ストレス緩和作用

* 眠れない

グリシン  睡眠リズムを改善
バレリアン  リラックス効果
ビタミンB6、ビタミンB12、
マグネシューム  神経伝達機能の調整
レクチュコピクリン  鎮静作用、睡眠促進効果
テアニン  睡眠改善作用

+++++++++++++++++++++++

** うつ病の改善、完治と再発の場合の対処方法

うつ病にかかったと感じた場合は、
医師に診て頂く必要が生じますが、
精神科の医師に行くのがベストです。

ただ、うつ病と診断された後に
改善させるやり方と言って、
薬を早々に勧めてくる場合は
別の精神科に行ったほうが無難です。

理由としては治療と称して、
薬を押し付けている可能性が高いからです。

薬に頼らず、薬を出すことを優先しないで、
熱心に話を聞いてくれる医師は、
改善させ完治させようと考えている人なので
信頼しても大丈夫です。

そして、1週間に1度程度、
その医師の所へ通うことになりますが、
それ以外の期間はゲームや
読書など好きなことをして過ごしましょう。

うつ病の時は何もする気力が
起きないのが特徴なので、
自身の趣味に没頭できるなら、
改善の見込みがある状況と言えます。

時間が経ちうつ病が改善してくると、
何かをする意欲が自然と湧いてきます。

室内の清掃をしたり、
台所やお風呂場の掃除をするのも
悪くないです。
+++++++++++++++++++++++

< おすすめのサプリメントのリンクです > 

ハピネス マンボウサンQ
マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!!
マンボウサンQはマンボウ肝油、
ビタミンE含有植物油、
コエンザイムQ10が入った、
飲みやすい粒タイプのサプリメントです。
< チェック >
マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。

+++++++++++++++++++++++

完治すると外でジョギングをしたり、
車を運転して本屋で
立ち読みなどもできるようになります。

近所の人が話しかけてくる場合もありますが、
滅多に顔を合わせないことから、
不安を感じているのが話しかける理由です。

元気に返事を返すと、
近所の人は安心してくれます。

就職活動をする場合は、
医師からうつ病が治ったことを
証明してくれる書類を書いて
もらったほうがいいです。

履歴書にうつ病という言葉があると、
面接者がすぐに辞めてしまうと
考えて採用しない場合があるので、
証明書はその対策に使います。

医師の権威は信用に値すると考えるのが
一般的なため、面接者は納得してくれます。

仕事については、完治した直後は
フルタイムでは働かず、
バイトから始めたほうが無難です。

身体が衰えてしまったことから、
8時間勤務に耐えられないのがその理由です。

最初は4時間で、次は6時間と
慣らしていけば8時間勤務も可能になります。

うつ病の再発の兆候を感じた際は、
すぐに休養をしたほうがいいです。

仕事をすることができないので、
そのままでは周囲の足を
引っ張ることになるため、
家で休養をすることで改善を
図ったほうが得策です。

ただ、会社に自身がうつ病で
休んだ経験があることを伝えてある場合は、
会社の同僚達が理解を
示してくれている可能性があります。

その時は、ゆっくり休んでほしいと
言われるので、気分的に楽になるはずです。

そして、休んで気力が溜まれば、
再び仕事に戻れるので大丈夫です。

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントを利用する様態 )
説明画像00題

( サプリメントが効果を発揮するためには ! )
説明画像01題

** うつ病に効果的なサプリメントについて

うつは、精神的な病だという理解が、
広まっているようです。

心の病といっても、捉えどころのないもの
ではなく、脳機能が下がったり、
セロトニンが十分でないことが
初めの原因だといいます。

セロトニンが十分分泌されるかはは、
トリプトファンという
物質によって左右されます。

トリプトファンはセロトニンを
分泌する働きを助ける成分です。

トリプトファンは、肉などたんぱく質が
豊富な食材から摂取することができます。

つまり、トリプトファンを
多く摂取する食生活がうつ病を
改善させる効果を発揮します。

けれど積極的に肉類などを食べることが
出来れば良いのですが、
それができない場合もあります。

そういった時には、サプリメントを
使うといいでしょう。

サプリメントは医薬品とは
全く違うものなので、
体質改善に用いるものであり、
治療効果自体はありません。

サプリメントを使って栄養摂取をすることで、
日々の食生活だけでは足
りていない分を補うことが可能になります。

うつ気味な症状を緩和するためには、
セロトニンを増やすために
トリプトファンのサプリメントを
使ってみるといいでしょう。

サプリメントを選ぶ時は単体の栄養ではなく、
できるだけ多くの栄養が入っている
サプリメントを選ぶことで
体全体の栄養バランスが良くなります。

生活習慣病を放っておけば
大変な病気になる事も
忘れない様にしましょう。
+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア