FC2ブログ

記事一覧

血糖値とインスリン、食事の関連、日常生活での改善方法とサプリについて。

健康診断などの血液検査で
かならず参考にされるのが血糖値です。

血液中に糖分がどれだけ
内蔵されているのかを見る事で、
食生活のバランスから
糖尿病まで診断できます。


人間の体は糖分が体に入ると
それを分解してエネルギーに
変換します。

血液中にも糖分が入り、
体中に運搬されます。

食事後すぐにはもちろん、
糖分を含んでいるので
血糖値も高くなります。

それにより食事内容によって、
食べた時にいため、食事を抜いて
胃が空っぽ状態の時に
診察する事が多いのです。

ここで糖というのはブドウ糖の事で、
いつもはエネルギーに変えるために
インスリンが分泌されていますが、
このインスリンの働きが弱い、
インスリンが追い付かないほど
糖分が多々ある時などは
血中に糖分が出てしまうのです。

言うまでもなく、
エネルギー源ですので
許される範囲までは必要ですが、
多すぎると血管を固くしたり、
ドロドロ血液にしたり、
糖尿病につながるので
放っておいてはいけません。

空腹時の血糖値の水準は
正常値は110とされています。

その上好ましいのは100以下ですので、
ここをボーダーライン
にして考えると良いでしょう。

そして、110から126までなら
空腹時高血糖と分類されています。

これはインスリンが
不足している可能性があります。

食後に糖分が体に入ってきた時に
インスリンが頑張って
作用してくれます。

けれども、それが続かず
食事後時がたった頃に、
充分にとインスリンが分泌されず
血糖値が上がってしまうのです。

このような状態の人を
糖尿病の予備軍と見ても良いでしょう。

暮らし全般で見て糖分の摂取量を
見直して減らすのもレベル値を
正常値に戻す手法の1つです。

糖尿病の見込み大と
判断される血糖値の
規格値は126以上です。

これに食後の血糖値も加えて
判断されますが、
レベル値を大きく上回っている
状態は変化しない場合は
食生活や運動を取り入れるなどを
考える必要があります。

糖分や脂質を減らして、
その吸収を穏やかにしてくれる
野菜や海藻などを多く
摂るように心がけましょう。

さらに、糖分というと
甘いものという印象がありますが
炭水化物にも多く糖分は
含まれています。

白米や麺類などの主食を
多く食べ過ぎないように気を付けて、
そのうえで運動をする習慣を
自分のものにする事も大事です。

血糖値だけでも大きな判断指標に
なりますので、レベル値をみて
自身がどのような状態なのかを
理解しておきましょう。

さらに、正常値ではあったけど
去年より上がっているなら、
ちょっとずつ蓄積されてきているので
暮らしを正しくするように
修正しましょう。

++++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

100%九州産野菜で安心!
野菜屋さんが作った【ドクターベジフル青汁】
◆セールスポイント◆
21種類の九州産野菜だけを使用し、
完全無添加で作った、
とても美味しく健康的な青汁です。
野菜屋さんが監修しています。
< チェック >
100%九州産野菜で安心!野菜屋さんが作った
【ドクターベジフル青汁】

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

++++++++++++++++++++++++

** ここから血糖値が高い、
      ことついて一般的な説明をします。

** 血糖値が高い、糖尿病?

血糖値とは血液中に含まれる
ブドウ糖の量のことです。

食事内容や、食事をした時間によって
大きく異なります。

健康な人の場合血液中のブドウ糖を
細胞内に取り込むホルモン「インスリン」によって
一定に保たれています。

ところがインスリンの分泌が低下したり、
働きが低下すると糖分を細胞に
取り込めなくなり、血糖値が上昇します。

過剰な糖は、AGE(最終糖化産物)を形成して
体の機能を低下させます。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、多くは生活習慣の
乱れにより発症するⅡ型です。

** 糖尿病を予防するには

糖尿病を予防するには、急激に血糖値を
挙げてしまう食習慣を改善する事です。

規則正しく3色を摂り、ドカ食いや早食いを
やめること脂っこいものや甘いものを避け、
野菜類をたっぷり食べるという
食習慣にしましょう。

また適度に体を動かしてエネルギー消費を
増やすことも有効です。

** 糖尿病のサプリは ?

エネルギー代謝に欠かせないビタミンB類、
血糖値の上昇を抑えてくれる植物繊維などが
有効です。

************************

** すい臓の症状と関与する成分の一覧

* 血糖値が高い

クロロゲン酸  抗酸化作用

カテキン  抗酸化作用

ケルセチン  インスリン抵抗性改善

植物繊維  糖の吸収を抑制

イヌリン、難消化性デキストリン
糖の吸収を抑制

フコイダン  糖の吸収を抑制

************************

** ここから植物繊維に関連する
          サプリの説明です

食物繊維が豊富な食品は、
野菜や果物のほかにも海藻や豆類などで、
いつも食べるものに多く内蔵されています。

食物繊維の多々ある食事を食べていれば、
サプリメントで食物繊維を摂らずとも、
健康維持には十分な成果があると
思われているのです。

けれども、現代の人たちは、
食物繊維が不足している食事を
摂っている事が少なくないと
言われています。

1日に不可欠な食物繊維を摂ろうとすると、
両手にいっぱいの野菜を
食べなければならないため、
不足している人は多いのです。

多分多くの人が、野菜や果物は
食べているけども量が
足りないというはずです。

食事の後などにサプリメントを飲む事で、
一回の食事で摂取する
食物繊維を増やす事がでます。

食物繊維のサプリメントは粉末状に
なっているものが多く、
飲み物や食べものに加えれば
簡単にに摂取ができます。

食物繊維のサプリメントは、
水に溶け込みやすい上に、
無味無臭で料理に加えやすい
という強みがあります。

大容量のサプリメントや、
個包装にしてあるサプリメントも
ありますので、ユーザビリティが
高いものを選択しましょう。

大容量のサプリメントは
コストパフォーマンスがいいので、
まとめ買いをしておきたいと
いう時には役立つします。

肌の様子を改善し、糖や脂肪の吸収を
ゆるやかにしてダイエットに
役立つ事も、食物繊維を積極的に
摂取しておきたい理由です。

サプリメントで食物繊維を確実に
補給すれば、食事で少々不足感があっても
補うことができます。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア