FC2ブログ

記事一覧

血糖値の上昇とインスリンの関係、血糖値改善のための食事方法!

血糖値が急騰すると、
体は血糖値を下げるために
インスリンを大量に分泌します。

インスリンは、利用しきれない糖を
脂肪に変更して蓄えるので、
大量に分泌された結果、
太りやすくなってしまうのです。

それにより、インスリンは
肥満ホルモンとも
呼ばれているのです。

体に脂肪を溜め込む働きが
あるホルモンはインスリンだけなので、
インスリンを過剰に分泌しないよう
に気を付ける事で、
肥満を防ぐ事ができます。

食事をした後に血糖値が高騰して、
直ちにに正常値に戻るパターンを
繰り返していると、
突然死や認知症を招く
危険があると言われています。

人間の体は、炭水化物を摂取すると、
それがブドウ糖に変化し、
膵臓からインスリンが分泌されます。

血糖値の異常がきっかけで
発症する病といえば、
糖尿病を誰もが考えます。

食後に起こる血糖値の急騰は、
動脈硬化のきっかけなる事が
あるので、注意が必須です。

近年は、多くの日本人が
決まった的なダイエットを
行っています。

ダイエットを行う時も、
血糖値のコントロールが
必須となります。

血糖値を急騰させないためには、
3つの技術が考慮しられます。

一つ目は、自分のペースで
噛んで食べる事です。

よく噛んで食べると、
早食いを防ぐ事ができます。

満腹感を得る前に食べ過ぎないように
気を付ける事で、
ダイエット成果も期待できます。

二つ目は、糖の吸収が
緩やかな低GI値の食品を食べる事です。

低GI値の食品を食べる事で、
血糖値が急激に上がるのを
避ける事ができ、その結果、
脂肪を溜め込む事もなくなります。

炭水化物の中で、
最も低GI値が低いのは、
そばで、次が玄米です。

玄米が固いことで食べにくい人は、
白米と混ぜて使用すると、
それほど不自然さなく
食べる事ができます。

果物では、ベリー系や
柑橘系が低GI値です。

ベリー系の果物も、
柑橘系の果物も、
美味しくてビタミンが豊富です。

果物は、美容にも良く、
カロリーも低いので、
ダイエット中も強い
味方となってくれます。

お酒は、焼酎などの蒸留酒であれば
糖質は含まれません。

三つめは、食べる順番を変える事です。

同じメニューであっても、
食べる順番を変えると
血糖値の急騰を防ぐ事が
できるのです。

野菜やきのこ類には、
食物繊維が豊富に
内蔵されています。

食物繊維は、糖の消化と吸収を
遅らせる事が可能なので、
食事のはじめに食べます。

それから、肉、魚などの
タンパク質を食べ、
ご飯を食べるようにすると、
炭水化物の取り過ぎを防ぐ事ができ、
血糖値の高騰を避ける事が
可能なわけです。

+++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

富士フイルムの糖質ケアサプリ
メタバリアS 【商品情報】初回のみ、
お一人様一回限り1セット(500円)
成果報酬として、初回限定購入1件につき、
報酬をお支払い致します。
< チェック >
頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★
+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++++

** ここから血糖値が高い、
      ことついて一般的な説明をします。

** 血糖値が高い、糖尿病?

血糖値とは血液中に含まれる
ブドウ糖の量のことです。

食事内容や、食事をした時間によって
大きく異なります。

健康な人の場合血液中のブドウ糖を
細胞内に取り込むホルモン「インスリン」によって
一定に保たれています。

ところがインスリンの分泌が低下したり、
働きが低下すると糖分を細胞に
取り込めなくなり、血糖値が上昇します。

過剰な糖は、AGE(最終糖化産物)を形成して
体の機能を低下させます。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、多くは生活習慣の
乱れにより発症するⅡ型です。

** 糖尿病を予防するには

糖尿病を予防するには、急激に血糖値を
挙げてしまう食習慣を改善する事です。

規則正しく3色を摂り、ドカ食いや早食いを
やめること脂っこいものや甘いものを避け、
野菜類をたっぷり食べるという
食習慣にしましょう。

また適度に体を動かしてエネルギー消費を
増やすことも有効です。

** 糖尿病のサプリは ?

エネルギー代謝に欠かせないビタミンB類、
血糖値の上昇を抑えてくれる植物繊維などが
有効です。

************************

** すい臓の症状と関与する成分の一覧

* 血糖値が高い

クロロゲン酸  抗酸化作用

カテキン  抗酸化作用

ケルセチン  インスリン抵抗性改善

植物繊維  糖の吸収を抑制

イヌリン、難消化性デキストリン
糖の吸収を抑制

フコイダン  糖の吸収を抑制

************************

** ここからすい臓のサプリ、
         糖尿病のサプリの説明です

クロムをサプリメントで補給する事で、
糖尿病になりにくい体質を
つくろうとする人が近年増加してきています。

人体は、クロム欠乏でトラブルが起きる事
はないですが、クロムは歳をとるごとに
減っていきます。

いつもの食事で、レトルト食品や、
加工食品ばかり食べているような人は、
体内のクロムの量が減るといいます。

クロムという名前を聞く事は実生活では、
ありませんがクロムとは、
どのような特徴を持つ栄養素なのでしょう。

クロムの働きとしては、
インスリンの作用を高める事、
糖質のエネルギー代謝を
促す事などがあり、
糖尿病とは深い関わりがあります。

他には、脂質代謝を促す、
コレステロールや中性脂肪を減らす、
肥満防止などがあります。

クロムが体に及ぼす影響を改めて
考慮してみると、糖尿病にいい事は
無論ですが、健康増進効果も
期待することが可能です。

血糖値の上がる食事をいつもしている人は、
糖尿病にかかりやすくなっています。

糖尿病は、インスリンの分泌が
うまくいかなくなり、
膵臓のパフォーマンスが
十分に働かなくなってしまいます。

体内にインスリンが多くなりすぎないように、
クロムを摂取しておく事で
体内の糖質が代謝され、
エネルギーに変わりやすくします。

健康診断などで、血糖値が高いと
指摘された人は、クロムのサプリメントを
使ってみると良いでしょう。

糖尿病の防止に役立つ成分のクロムは、
サプリメントなら手軽にに摂取可能なので、
気になる人は一度試してみては
如何でしょうか。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア