FC2ブログ

記事一覧

血糖値とは?、インシュリンの働きと、血糖値を上げないための食事の注意とは!

血糖値とはその名の通り、
血液中にどれだけ糖が
含まれているかを示した値です。

その値が低いほど糖が少なく、
値が高いほど糖が
多くあるという事になります。

血糖値を大きく左右するのが食事です。

どういったものを食べたか、
そしてどのような順番で
食べたかによって
その上昇の仕方も値も異なります。

普通人間の体では、
血糖値を上げるグルカゴン、
下げるインシュリンの
2つの作用によって血糖値は
調整されています。

血糖値がどんどん上がっていく事に
よってインシュリンが分泌され、
糖をエネルギーとして筋肉や
諸々な臓器に送るのですが、
余ってしまった分は脂肪として蓄えます。

これが肥満のきっかけの1つです。

体内の糖がエネルギーとして
使われた事によって、
余る事がなければ脂肪として
蓄積される事もないのです。

けれども余った分だけどんどん
脂肪になってしまう事から
血糖値はダイエットと
大きな関連があるのです。

インシュリンは糖をエネルギーとして
体中に送り出す一方で
脂肪にしてしまうという
働きがあります。

その上脂肪分解を助ける
ホルモンの働きをも
阻害してしまうため、
ダイエットの大敵なのです。

これを防ぐためには血糖値の上昇を
緩やかにする必容があります。

急激に上がってしまっては
どんどん体内に蓄積されてしまいます。

ゆったり上昇させる事を意識する事で、
インシュリンの分泌量を
抑止する事ができます。

血糖値を食い止めるために
一番効果的なのが食生活の改善です。

* 炭水化物を控える
炭水化物は数値を急騰させてしまいます。

いろいろ摂取するのを控え、
加えて玄米や雑穀米などミネラル分を
含んだものを選りすぐるように
するとよいでしょう。

* 野菜や果物を積極的に食べる
野菜や果物に内蔵されている
食物繊維は、数値の急騰を
抑えてくれる働きがあります。

それ故食事の一番目に食べる事によって
その後に食べる炭水化物などによる
血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

* 水やお茶を飲む習慣を身に着ける
ジュースやコーヒーなどは
水分補給のうちには内蔵されません。

水やお茶を飲む事を
習性づける事によって代謝を上げたり、
そして血液の流れをスムーズにします。

* 甘い間食、スナック菓子などの
食べ過ぎに配慮する
おやつには白い砂糖がふんだん
内蔵されています。

しかもスナック菓子には油や
塩分がたくさん内蔵されています。

これらが数値の急騰を招くため
なるべく控えましょう。

* 揚げ物などの油を控える
油分を多く摂取してしまうと数値の
上昇傾向がを改善することは
難しいです。

揚げ物は控え、炒め物では
油を敷かないなどの
工夫をしましょう。

このように血糖値というのは
私たちの普段の食事習慣によって
改善でき、そのうえダイエットにも
大きな効果を持つものです。

+++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

TVで話題の腸内フローラ!
【善玉育菌サプリ スルーラ】
・「My善玉菌を育てる」スルーラは、妊活中の方、
ダイエットしたい方におすすめ。
・乳酸菌本来の力を結集した今注目の成分
【乳酸菌生産物質】配合
・無添加・GMP認定工場での製造
・放射性セシウム検査「検出なし」
--●●●ダイエット中の女性向け●●●--
今、テレビや雑誌で話題の「腸内フローラダイエット」に最適。
どんなに善玉菌をたくさん摂っても、
【自分にあった善玉菌】でなければ意味がありません。
自分が本来持っている【My善玉菌】を育て、
増やすスルーラなら、菌の相性に関係なく
善玉菌を効率よく摂る事ができます。
< チェック >
【善玉育菌サプリ スルーラ】
+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++++

** ここから血糖値が高い、
      ことついて一般的な説明をします。

** 血糖値が高い、糖尿病?

血糖値とは血液中に含まれる
ブドウ糖の量のことです。

食事内容や、食事をした時間によって
大きく異なります。

健康な人の場合血液中のブドウ糖を
細胞内に取り込むホルモン「インスリン」によって
一定に保たれています。

ところがインスリンの分泌が低下したり、
働きが低下すると糖分を細胞に
取り込めなくなり、血糖値が上昇します。

過剰な糖は、AGE(最終糖化産物)を形成して
体の機能を低下させます。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、多くは生活習慣の
乱れにより発症するⅡ型です。

** 糖尿病を予防するには

糖尿病を予防するには、急激に血糖値を
挙げてしまう食習慣を改善する事です。

規則正しく3色を摂り、ドカ食いや早食いを
やめること脂っこいものや甘いものを避け、
野菜類をたっぷり食べるという
食習慣にしましょう。

また適度に体を動かしてエネルギー消費を
増やすことも有効です。

** 糖尿病のサプリは ?

エネルギー代謝に欠かせないビタミンB類、
血糖値の上昇を抑えてくれる植物繊維などが
有効です。

************************

** すい臓の症状と関与する成分の一覧

* 血糖値が高い

クロロゲン酸  抗酸化作用

カテキン  抗酸化作用

ケルセチン  インスリン抵抗性改善

植物繊維  糖の吸収を抑制

イヌリン、難消化性デキストリン
糖の吸収を抑制

フコイダン  糖の吸収を抑制

************************

** ここからは糖尿病のサプリの説明です

日頃食べているものを再検討して、
血糖値を増やさない食事をする事は、
血糖値対策の基本です。

サプリメントを使用すれば、
効率よく栄養成分を
摂取可能なので、
コントロールしやすくなります。

食べ物がありあまっている現代社会では、
糖尿病に悩まされる人がふえています。

一度でも糖尿病になると、
治す事が非常に困難と
言われています。

現在の日本社会では、
40歳以上になると5人に1人の比率で
糖尿病の危険を持つ人がいます。

もしも糖尿病だと診断されると、
食べたいものも食べられませんし、
薬なしではいられなくなります。

糖尿病は症状が進行するとインスリン注射で
血糖値をコントロールしなければ
ならなくなります。

腎不全や、高血糖など、
糖尿病になった事で発症しやすくなる
という病もあります。

血糖値を下げるには、
食生活や生活習慣の改善を
優先的に実践しなくてはなりません。

血糖値の上昇を抑制する成分は
何個かありますが、
よく知られているものがイヌリン、
サボニン、サラシアです。

血糖値が急激に上がる事がないように、
糖の吸収を自分のペースでにするものが
サラシアであり、サボニン血液中の糖が
増加しないように抑制する成分です。

インスリンに近い特性を持っている
成分がイヌリンです。

イヌリンは、体の中に取り込まれた糖が
血液に入る前に、
体の外に出してくれるものです。

食事からも摂取できますが、
サプリメントであればみんな無理なく
血糖値をコントロールする成分を
摂取可能なので推奨です。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア