FC2ブログ

記事一覧

働き盛りの壮年に多い糖尿病、インスリンの働き改善と、食事内容の改善です。

発症するのが働き盛りの
年代に最も多い糖尿病は、
発症後は完治する事が
ム難しいため、一生付き合っていく
決意が必要となる病です。

最も怖いのが、状況を放置
しておく事で症状が進行し、
合併症などを誘発してしまう事です。

こうなると、ただでさえ苦しい
病であるのに、更なる苦しみを
味わう事になってしまいます。


糖尿病になると、血液の中の
血糖値が異常に高い状況が続きます。

高い血糖値は、インスリンの働きが
低下する事で起こります。

このインスリンの働きによって、
筋肉・細胞の受容体が糖分を
取り込んで使用するのですが、
肥満や運動不足で受容体の
働きが鈍ってくると、
インスリンを出しても
糖分の活用が停滞します。

従って、血糖値を正常値に戻し
インスリンの働きを
活発化させるためには、
受容体の働きをよくする必要があり、
そのために、食事を改善し、
血糖値を下げる食べ物を摂ったり、
慢性的な運動不足を解決する
必須があります。

最初に、糖尿病を改善する
食事の方法は、過食や不規則な食事を
避けて、受容体の働きをよくして
インスリンを活発化させる
事にあります。

インスリンが働き活発になる
食事をとると、糖分を充分に
消費する事が可能になり
高い血糖値の改善につながり、
膵臓に余分な負担をかけなくて
済むようになります。

以前からの、糖尿病の治療中の
場合も、食事療法は有効となります。

薬だけで血糖値を食い止める事は
体に負担をかけるため、
規則的で適量の食事や
有酸素運動をすることは
投薬の効果を高める事に役立ちます。

それでは、血糖値を下げる
食べ物にはどのようなものが
あるのでしょうか。

最初に、野菜では、玉ねぎ、アロエ、
緑黄色野菜、キノコ、レモンなど、
調味料では、お酢やオリーブオイルが
有効で、大豆類の豆腐、納豆、あげ、
豆乳など、近頃ブームの
おからパウダーなどもよいでしょう。

また、お茶類として、ゴーヤ茶、
グアバ茶、日本茶、ウーロン茶なども
推奨されます。

その上、食事のときには
食べる順番にも注意が必須です。

ご飯、パンなどの炭水化物は
血糖値を急騰させますので、
主食ではなく副食から先に
食べるようにします。

特に、炭水化物の消化吸収を
阻害する食物繊維を先に取る事で、
血糖値の上昇を抑えられるので、
野菜、海藻、キノコを先に
食べるのが良いです。

その後に、肉や魚を食べ、
炭水化物系はなるべく最後にします。

加えて、調味料などにお酢や
オリーブオイルを活用すると
更に効果的な食事ができます。

+++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

二年熟成みやびの植物酵素100 -
株式会社みやび販売個数180万袋突破! 
特殊フリーズドライ加工の活きている生酵素
「みやびの二年熟成・植物酵素100
」新規購入プロモーションです。
■みやびの植物酵素100 3つのポイント■
1. 国産有機野菜の酵素を配合!
熊本県内約40軒の農家が、化学農薬、
化学肥料、除草剤を使用せず栽培した
有機野菜を中心とした100種類の素材を使用!
< チェック >
【100種類の植物】+【乳酸菌】体の中からきれいに
++++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++++

** ここから血糖値が高い、
      ことついて一般的な説明をします。

** 血糖値が高い、糖尿病?

血糖値とは血液中に含まれる
ブドウ糖の量のことです。

食事内容や、食事をした時間によって
大きく異なります。

健康な人の場合血液中のブドウ糖を
細胞内に取り込むホルモン「インスリン」によって
一定に保たれています。

ところがインスリンの分泌が低下したり、
働きが低下すると糖分を細胞に
取り込めなくなり、血糖値が上昇します。

過剰な糖は、AGE(最終糖化産物)を形成して
体の機能を低下させます。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、多くは生活習慣の
乱れにより発症するⅡ型です。

** 糖尿病を予防するには

糖尿病を予防するには、急激に血糖値を
挙げてしまう食習慣を改善する事です。

規則正しく3色を摂り、ドカ食いや早食いを
やめること脂っこいものや甘いものを避け、
野菜類をたっぷり食べるという
食習慣にしましょう。

また適度に体を動かしてエネルギー消費を
増やすことも有効です。

** 糖尿病のサプリは ?

エネルギー代謝に欠かせないビタミンB類、
血糖値の上昇を抑えてくれる植物繊維などが
有効です。

************************

** すい臓の症状と関与する成分の一覧

* 血糖値が高い

クロロゲン酸  抗酸化作用

カテキン  抗酸化作用

ケルセチン  インスリン抵抗性改善

植物繊維  糖の吸収を抑制

イヌリン、難消化性デキストリン
 糖の吸収を抑制

フコイダン  糖の吸収を抑制

************************

** ここからは桑の葉のサプリの説明です

糖尿病に影響があるサプリメントには、
桑の葉サプリメントがあります。

DNJという成分が桑の葉には
含まれていますが、
これは糖の吸収を穏やかにするものです。

炭水化物は小腸では二糖類の状況で
存在していますが、吸収される時は単糖類です。

二糖類から単糖類になる早さがDNJによって
落ちる事で、小腸からの糖の吸収が
抑制されるという仕組みです。

それ以外にも、桑の葉に内蔵されている
栄養素には、ビタミン、ミネラル、
各種のフラボノイドなどがあります。

桑の葉サプリメントを使用する事で
食後の血糖値の抑制作用や、
中性脂肪を下げる影響、
コレステロールを調整する
作用などが期待できます。

桑の葉のDNJを抽出したサプリメントを、
糖尿病対策に用いるという人もいます。

桑の葉は、人によっては苦手と感じる
風味があるため、飲み続ける事が
かなり難しいことがあります。

この弱点の風味とは葉の持つ苦みです。

サプリメントであれば、桑の葉の苦みの
風味はごくわずかです。

いくつかの桑の葉茶を
実際に飲んでみて、自分の嗜好のブレンドの
お茶を選定するという
方法もいいかもしれません。

パフォーマンス的にサプリメントを使用するなら、
糖尿病用の桑の葉サプリメントは、
食前に飲むよう心がけましょう。

いつものお茶を桑の葉茶にするのも
いい方法といえます。

糖尿病の治療よりは、糖尿病予備群の人の方が
効果期待しやすいともいいます。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア