FC2ブログ

記事一覧

肝臓機能はγGTPの指数で判断、腎臓や脾臓、膵臓や小腸に内蔵されます。

肝機能は症状が現れにくいため、
定期的に健康診断を受け
肝働きの数値を判断して、
異常がみられる場合は
原因について考える事が
重要です。

特に肝機能で用心したほうが
よい数値はALTとASTです。


ALTは肝臓の中の肝細胞にある
酵素で、体内に入ってきた栄養分を
アミノ酸に変換し体を動かす上で
必須なエネルギーを作っています。

この細胞がダメージを受けると、
血液中に流れ出すため
数値上昇するため、肝臓の働きの
異常が発見されやすくなります。

ALTの規格値は40IU/L以下が
正常といわれており、
50IU/Lを超えている時は
慢性肝炎や脂肪肝の確率が、
100IU/L以上のケースは
ウイルス性肝炎の確率が
高くなります。

ASTはALTと同じく酵素ですが、
肝臓だけでなく心臓や
手足の筋肉にも影響しています。

規格値は同じく40IU/L以下と
言われています。

肝臓以外にも影響しているので
水準値より高いケースは、
肝臓の異常だけでなく心臓などの
臓器の異常も考えられます。

他にも、アルコールの分解に
大切な働きをするといわれている
γGTPの値も同じく用心が不可欠です。

水準値は男性が50IU/L、
女が32IU/L以下といわれています。

数値が上がるきっかけとしては
肥満やアルコールの飲み過ぎ、
胆石の詰まりや胆管細胞が
破壊されたケースが考えられます。

γGTPは腎臓や脾臓、膵臓や
小腸に内蔵されているため、
規格値より高い場合は胆道疾患などの
病が潜んでいることが考えられます。

肝臓を含めた肝機能障害は、
自覚症状が出にくく
沈黙の臓器ともいわれています。

それにより自覚症状がでた時には
病が進行しているケースもあります。

食欲がわかない、顔色が優れない、
手の平が黄色いといった症状が
現れた時は直ちにに
肝臓の異常と考えることは
難しいですが、肝臓からの
SOS信号の事もあるため
医療機構を受診したり、
健康診断を受けるなどしましょう。

しかし、肝機能の数値が高かった時も、
食生活を見直す事で
改善される可能性はあります。

食生活で改善できる食材は
牡蠣や大豆、しじみ、にんにくです。

+++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

お腹の脂肪を減らす!
機能性表示食品「シボヘール」
お腹の脂肪を減らす!
機能性表示食品「シボヘール」
今大注目の機能性表示食品である「シボヘール」は、
体重(BMI)・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)
・ウエスト周囲系を減らす機能性がある
葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)を
関与成分としたダイエタリーライフサポートサプリメントです。
肥満気味な方、
BMIが高めな方、
おなかの脂肪が気になる方、
ウエスト周囲系が気になる方に
おススメの1日4粒飲むだけの、
新習慣・機能性表示サプリメントです。
< チェック >
お腹の脂肪を減らす!
機能性表示食品「シボヘール」>>
詳しくはこちら

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )

説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++


** ここから肝臓機能について
       一般的な説明をします

ウイルス感染や肥満などが肝機能低下の
引き金になります。

肝臓は栄養素の代謝や貯蔵、有害物質の解毒、
胆汁の分泌などをする臓器です。

あらゆる代謝が行われているため、人体の化学工場
などと言われます。

肝臓の機能が低下すると栄養素の供給が
円滑に行われなくなり、毒素や老廃物が
体にたまり易くなります。

肝臓の機能が低下する原因にウイルス感染があります。

ウイルスによって肝臓に炎症が起こり肝細胞が
破壊されて機能が低下します。

これは肝硬変や肝臓がんに進行することもあります。

** 肝臓の機能が低下を予防するには ?

肝臓の健康のためには、肥満の解消や、
食生活の改善して、食べ部過ぎず、
暴飲、暴食を避けます。

肝臓細胞の再生のためには、たんぱく質が必要で、
脂肪分の少ない肉、大豆、魚などを
毎日適量食べます。

** サプリではどんな物が良いのか ?

シジミやウコンには肝臓の解毒作用を
高める効果があり、アミノ酸の一種メチオニンには
肝臓の機能を強化する働きがあります。

***********************

** 肝臓の症状と関与する成分の一覧

** 肝臓

* 二日酔い

タウリン  肝臓の解毒機能を高める

クルクミン  肝臓の解毒機能を高める

メチオニン  肝臓の解毒機能を高める

* 脂肪肝

レシチン  脂肪の代謝を促進

カテキン  脂肪の分解を高める

************************

** ここにタウリン、オルニチンの
  サプリの ご紹介です

サプリメントを利用する事で、
脂肪肝の防止影響がある
栄養素を補給する事ができるです。

健康増進や、体質改善にサプリメントを
活用する人は多くなっており、
特定保健用食品を常用している
という人も多勢いるといいます。

脂肪肝の阻止には、血液中の
中性脂肪量の上昇を食い止める成分が
配合されているサプリメントを
使用しているようです。

生活習性病に関しては
色々な種類がありますが、
その中でも脂肪肝というものは
かなり厄介なものとなっています。

脂肪肝のきっかけとしては真っ先に
アルコールなどの大量摂取や
脂肪分の多い食事や
暴飲暴食が言われています。

食生活の乱れが、肥満や糖尿病などを
発症しやすくなると並行して
脂肪肝も進んでしまうので、
食事内容の再検討は不可欠です。

肝臓の怖いところは、
病状がよほど進行しないと、
不調という形で症状が
現れない事です。

それ故、肝臓は沈黙の臓器という
表現をされる事があります。

体内に採りいれた脂肪の吸収を
抑制する成分を使用して、
脂肪肝の阻止をする事ができるです。

タウリン、オルニチン、アルギニン、
サポニン、セサミンなどを摂取する事で、
脂肪肝防止の成果が望みできます。

食品としてはカキやシジミやゴマなどから
摂取可能な成分が多々あるのですが、
しかしながら、食品から摂取するのは
難しい面があるが実際です。

サプリメントであれば
どこでも持ち歩けるので、
時間や場所を気にする事なく、
不可欠な栄養成分を
手っ取り早く摂取する事ができます。

脂肪肝の対策に役立つとされる
成分をサプリメントを使用して
摂取してみてはどうでしょうか。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア