FC2ブログ

記事一覧

肝臓機能の指標、ALT,ASTを理解しましょう。血液検査で、ウイルス性肝炎も調べられます。

肝臓はダメージを受けていても
体に症状が現れにくい臓器の一つであり、
血液検査により肝性能の様子が
正常であるか如何にか時折調べる事は
健康を維持して行くうえでも
欠かせない事です。

血液検査の結果通知を見ても、
アルファベットの意味が
分からなかったり正常範囲を
わずかでも超えてしまっていると
危いのかどうかなど
理解しにくいところがあります。


医者が分かり易く解説をせずに、
今後の暮らしの留意点だけ
教える時も多いので、
自身で理解可能なように
調べておきましょう。

肝働きの血液検査で調べる事が
多々あるのが、ALT(GPT)です。

31IU/L以上は肝細胞がどこかに
障害を受けている事になります。

肝細胞内にある酵素の一つで、
アミノ酸やエネルギーの
代謝にかかわっていて、
肝細胞が壊れていると、
この酵素が血液中に
漏れだしてくる事が分かっています。

同じくにAST(GOT)も酵素であり
31IU/L以上だと良くないのですが、
AST(GOT)は肝臓以外の臓器内にも
影響しているので、ALT(GPT)の結果と
ともに判定する必容があります。

肝機能を調べる時には、
同時にγ-GTPも調査します。

これも酵素で腎臓でも作られている
ものですが、ほかの酵素の数値と
総合的に判断して肝機能の
状態を知る事ができます。

γ-GTPは51IU/L以上になると良くなく、
肥満やお酒の飲みすぎなどにより
数値の悪化が起きやすくなります。

肝働きの低下が慢性化すると、
健康が損なわれて事例によっては
手術によりところ的に切除したり、
肝移植を行わないといけない
様子になる事があります。

血液検査は、簡便に行える検査方法の
一つですから企業や地方自治体などで
行われている健康診断に
行っていない人は、
近くのクリニックで定期的に
受けるようにするべきです。

いつも同じクリニックで検査を受けると
データが蓄積して行くので、
体の移り変わりに気づきやすくなり
肝機能の衰えも早期に
判断可能な確率が高まります。

肝細胞のダメージは、太っている人や
大量に飲酒している人が
起きるものと勘違いしている人が
割と多くいますが、
脂肪肝は体型が太っていなくても、
何度もダイエットを行って
リバウンドした経験がある人は
罹っている確率がありますし、
アルコールを飲まない人でも
肝炎は発症する事を知っておきましょう。

血液検査では、ウイルス性肝炎についても
調べる事ができます。

手術で大量に輸血した事がある人や、
防止接種でも針が再利用されていたころに
受けた事がある人は
一度調査しておいた方が良いです。

+++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

<機能性表示食品>
中性脂肪や血糖値を抑える
【厳選青汁premium(プレミアム)】
石田純一様もご愛飲中!
【厳選青汁premium(プレミアム)】
の販売促進プログラムです。
●健康診断でひっかかった・・・
●栄養が偏ってしまう・・・
●脂っこいものが好き・・・
●飲み会や外食が多い・・・
こんな方にオススメの商品です!
< チェック >
中性脂肪や血糖値を抑える
【厳選青汁premium(プレミアム)】

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++


** ここから肝臓機能について
            一般的な説明をします

ウイルス感染や肥満などが肝機能低下の
引き金になります。

肝臓は栄養素の代謝や貯蔵、有害物質の解毒、
胆汁の分泌などをする臓器です。

あらゆる代謝が行われているため、人体の化学工場
などと言われます。

肝臓の機能が低下すると栄養素の供給が
円滑に行われなくなり、毒素や老廃物が
体にたまり易くなります。

肝臓の機能が低下する原因にウイルス感染があります。

ウイルスによって肝臓に炎症が起こり肝細胞が
破壊されて機能が低下します。

これは肝硬変や肝臓がんに進行することもあります。

** 肝臓の機能が低下を予防するには ?

肝臓の健康のためには、肥満の解消や、
食生活の改善して、食べ部過ぎず、
暴飲、暴食を避けます。

肝臓細胞の再生のためには、たんぱく質が必要で、
脂肪分の少ない肉、大豆、魚などを
毎日適量食べます。

** サプリではどんな物が良いのか ?

シジミやウコンには肝臓の解毒作用を
高める効果があり、アミノ酸の一種メチオニンには
肝臓の機能を強化する働きがあります。

***********************

** 肝臓の症状と関与する成分の一覧

** 肝臓

* 二日酔い

タウリン  肝臓の解毒機能を高める

クルクミン  肝臓の解毒機能を高める

メチオニン  肝臓の解毒機能を高める

* 脂肪肝

レシチン  脂肪の代謝を促進

カテキン  脂肪の分解を高める

************************

** ここに脂肪肝に関連したサプリの
             ご紹介です

飲酒の習性がないという人でも、
脂肪肝になる危険性が
ある事は意外と知られていません。

毒性を持つ物質が体に入った時に、
分解機能を持っている臓器が、
肝臓になります。

肝臓は、具合が悪くなっても
症状に表れるのは遅くなるので、
沈黙の臓器という呼ばれ方をしています。

そのような肝臓のなりやすい病として
脂肪肝があります。

肝臓に中性脂肪がふんだんにたまると、
脂肪肝になります。

脂肪肝になると、肝臓が効果的に
機能しなくなりますので、
問題が生じます。

酒がきっかけで肝臓を損ねるという話は
よく耳にしますが、脂肪肝のきっかけは
アルコールに限った話ではなく、
糖分の摂りすぎである時があります。

脂肪肝は、高カロリーの食事が
一般化している昨今では、
よくある病気になっています。

脂肪肝にならないようにするには、
カロリーオーバーの食事はやめて、
規則正しく、健康にいい食事をする事
ですが、色々な事情で、それが
遂行できない人もいます。

サプリメントで、食事だけでは
不足している栄養素を補う事で、
食事制限をやりやすくする事も
できるです。

脂肪肝が心配な人に
推奨の栄養素はオルチニンで、
肝臓のパフォーマンス改善と
働きを助けてくれます。

オルニチンを含む食料品はあまり
多くないので、効果的に
オルニチンを摂取するためには、
サプリメントを使用する方法が
合理的だと考えられています。

メーカーが製造したオルニチンサプリメントは
種類が多様化していますので、
飲みやすいサプリメントを
選択することが肝要です。

+++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア