FC2ブログ

記事一覧

電波航法についての資料、紹介。

15:02 2018/07/23

電波航法について。

電波航法は、船舶、航空機、最近は自動車のレーダーなど乗り物の安全を
確立するために必須、重要な技術です。

最近の航法はGPSという画期的なものができて、位置情報を求める主な目的に
使われます。

1980年代はまだ電波応用でその目的を研究している段階でした。
1980年代に入り人工衛星が実用化されて、航法にも応用されてきました。



  (VOR/DME地上局
中央のアンテナがDME、周りを囲むのはVOR
距離測定装置 )

220px-D-VOR_PEK
<<参照 ウイキペディア >>
    (  航法機器 )
imbbv8

   ( レーダー 画像)
imRadarEA3
<<参照 ウイキペディア >>
   ( 航法機器 観測室 )
imcv17


** 電波航法についての資料

ウィキメディア・コモンズには、電波航法に関連するカテゴリがあります。
有視界飛行方式 (VFR)
計器飛行方式 (IFR)


電波航法(でんぱこうほう Radio navigation)は電波を利用した航法のこと。
既知の位置にある無線施設からの電波発信により自位置を測定すること
またはその技術・装置・システムを指す。電波の到達性が優れていることから、
光や音を用いた航法より広範囲で利用でき、悪天候時にも優位です。
夜間も利用できる点で地文航法よりも優れている。無線航法とも呼ばれます。
かつては、機材が大型であったことから、航空機・船舶中心の利用であったが、
グローバル・ポジショニング・システムの発達とともに、
車両・人物の航法にも用いられるようになっています。

概要[編集]  <<参照 ウイキペディア>>

電波は到達性に優れ、比較的精度の高い測定が容易であるという特徴を持ちます。
全天候性にも優れていることから、電子技術の発達ともに航法にも利用することが始められました。
まず、既知の電波源(ビーコン)の方向測定を基に
、三角測量の要領で自位置を測定することから始められました。
計時技術が向上してからは電波の位相差・到達時刻差を利用した航法も用いられるようにりました。
自機のレーダーにより、周囲の地文を確認し、
自位置を測定することも電波航法に含まれる場合がります。

実用化が開始されたのは第二次世界大戦中のことです。

ドイツ空軍はクニッケバインにより爆撃機を誘導し、
イギリス空軍もジーやオーボエなどのシステムを開発しました。
第二次世界大戦後は発達が進み、目的・精度に合わせて、
LORANやオメガ航法が開発されています。

衛星測位システムも開発され、GPSが1980年代に完全実用化さました。
GPSは民間開放されると携帯が可能なほど器材の小型化が進み、
人物の航法にも用いられるようになりました。  <<参照 ウイキペディア>>

マイクロ波着陸装置

      ( AZ装置 )
MLS_AZce


    ( EL装置 )
MLS_EVation_Guidance


マイクロ波着陸装置(マイクロは ちゃくりくそうち、Microwave Landing System、MLS)とは、
電波によって航空機の着陸を支援する空港の地上施設であり、
その信号を受信する航空機搭載の航法装置の1つです。

指向性の強い電波を放射することで滑走路の方向と高度を航空機に示す最終進入着陸装置であり、
同種の計器着陸装置 (ILS) に比べて精度が高いが普及していません[注記 1][1]。

日本の電波法施行規則では「「MLS」とは、マイクロ波着陸方式(航空機に対し、
その着陸降下直前又は着陸降下中に、水平及び垂直の誘導を与え
かつ、着陸基準点までの距離を示すことにより、
着陸のための複数の進入の経路を設定する無線航行方式をいい、航空機に対し、
その離陸中又は着陸復行を行うための上昇中に水平の誘導を与えるものを含む。)をいう」
と定義されていまます(電波法施行規則2条1項49の2号)。
ただし、日本の航空法や同法関連法規にはMLSに関する規定が一切ありません。
<<参照 ウイキペディア >>

***************************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア