FC2ブログ

記事一覧

国内を格安で移動する方法、夜行高速バス、JR,私鉄の在来線を利用する。東京から大阪に夜行高速バスで行きました。

10:11 2018/08/01

2018年7月初め大阪に用事で行きました。家を空き家にしてあるので管理するため
一年に3-4回行きます。 

2009年に関東に来てから、ほとんど夜行高速バスを利用します。
最初は勤めがあったため、金曜日の夜東京を出発して、土曜夜は大阪で泊り、
日曜日夜大阪を出発して、月曜日朝東京に戻ってその日出勤しました。
土曜日、日曜日は利用する人が多く、バスはほぼ満席で、女性客も多くて
一度は、隣に若い女性が座ったこともありました。

土曜日、日曜日の利用客は、行って簡単な用事を済ませて
すぐに帰るような人も多いのです。

客はいろいろな人がいるため、気を遣うことも多くて、十分な睡眠が
取れないことも何度もありました。

近年3年ほどは、パートの出勤に空きが増えたため、ウィークデイに往復する
日程を立てます。

このようにすると、後ろの窓側の席が取れて、乗客数も10人前後の場合が
多くなります。この状況は周りに気遣いも要らず、快適に過ごせます。

またウェークデイに東京-京都駅八条口間を往復する外人客もいました。
京都観光の目的と思います。

一度は外国のバスケットボールの選手が遠征のため、日本に来て
京都観光をしたのでしょう、京都駅八条口から2m以上の身長の
男性が10人ほど乗り込んできたこともありました。

高速道路走行中のいつもの段取りは、東京を出て霞が関インターから
首都高速に入り渋谷を抜けて、海老名サービスエリア、または足柄サービスエリア
で乗客が外に出られる休憩が15分あります。
その後は、終点阿部野橋駅に着くまで外に出ることは出来ません。

乗務員は2名で、車内に仮眠室があり、一人はそこで休んでいます。
その後4-5回サービスエリアで停車しますが、これは乗務員の交代、
車両の点検作業、道路状況確認のためで、乗客は外には出れません。

ここ数年の一般的な行程は、東名高速を走り名古屋で東名阪に入ります。
亀山まで行き、亀山ジャンクションで第2名神高速に入ります。
そこから甲賀の地域を抜けて、京都東インターで一般道に降りて、
京都駅八条口に第一回目の停車をします。

その後は、梅田の地下鉄東梅田駅前、難波OCATの高速バスターミナルで
3回目の停車をして、最後に阿部野橋駅に到着します。

**********************

朝7時ころ大阪JR環状線、近鉄阿部野橋駅に着きます。

以下の画像はそこの周辺を撮影したものです。

ddll題

images1DXM00BZ

JR天王寺駅です。
image1


近鉄阿倍野ハルカスです。
image2


近鉄阿部野橋駅です。
image3


JR天王寺駅、近鉄阿部野橋駅周辺です。
image4


阿部野橋駅(天王寺駅)から環状線に乗り、森之宮駅で降りて、地下鉄中央線で
新石切まで行き、そこからバスで大阪東北部へと向かいます。

*****************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア