FC2ブログ

記事一覧

健康を維持、増進するためのお役たち情報

2018年2月16日   健康を維持、増進するためのお役たち情報

目の病気

目の病気には失明の危険があるにも関わらず、自覚症状がないものもある。最新の医療機器を使った約2時間の検査で、目の病気を早期発見をするアイドックがある。

外部情報の80%は目から入るので悪くすると認知症、疲れ目、全身障害の原因になり目の予防は大切です。
老眼ストップ : 老眼は離さないと見えないことです、毎日トレーニングで進行を遅らせる、四泊のツボを押すです。
ほかに温シップ5分、人差し指トレーニング。
ドライアイは涙の量を計る。涙のノリが悪い、涙の脂分が不足、予防温める(風呂)また原因の一つにまつ毛ダニがあります。

白内障は水晶体に傷が入り見えにくくなる病気です。景色がボケたりゆがんだりします。
120万人/年間かかり、手術で人口水晶を入れるケースが多いです。

見える範囲が狭くなっていき、放っておくと失明の恐れもある緑内障。原因は糖尿病などで血管が弱くなっている。
初期段階では症状がほとんどないことも多く、40歳以上の約5%が緑内障を発症している疑いがあるという。緑内障の早期発見に役立つ特徴は、眼球が硬くなること。緑内障には眼圧がかかり、眼球が硬くなるタイプがある。眼底検査は他の病気も判定でき、外部から体内の毛細血管を見られる唯一の場所です。
自宅でできる緑内障チェック。数字が大きめのカレンダーを用意し、カレンダーの中心が目の高さにくるよう調節したら、視界全体にカレンダーが入るくらいの距離に離れる。片目をしっかり塞ぎ、中心付近の数字を見つめ、視界に入っている全ての数字が分かれば問題なし。一部が見えなかった場合は、視野が欠けている疑いがある。中心の数字から視線をずらさないこと、必ず片目ずつ行うことがポイント。

********
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア