FC2ブログ

記事一覧

炭水化物や糖を摂ったときの注意点と油の摂り方

2010年3月15日     炭水化物や糖を摂ったときの注意点と油の摂り方

少量の甘い糖分を摂っても、血管若返り、体調がよくなる、太らないなど利益がある糖の摂り方を解説します。
油で細胞を若くする、老化予防、若返り法は青魚の油成分DHA,EPA(オメガ3の油)摂ることです。

このほかの血液関連の記事は以下です。

最近老化の前段階で糖化が言われています。実験は新鮮な弾力あるコラーゲン(鶏肉などの)をブドウ糖など糖の液につけて
2日置くと、ごわごわした全く弾力のない物に変化する。活性酸素でさびること、AGE(終末糖化物質)に変化することです。
子らが糖化です。これは動脈硬化、突然死を実験で実証したものです。

糖は小腸で吸収 余るとAGE(終末糖化物質)や中性脂肪となり体中にたまる。これは動脈硬化の原因で突然死を引き起こす。
AGEの測定器が開発された(赤外線を照射血液からの反射を測定判定する)

放送内容では悪い例は : 
重ね食い、飲みすぎ、たばことスマフォ、多量の焼き肉などで、たんぱく質の変質、脳の動脈硬化などの危険性、中性脂肪が蓄積、脂肪肝になることなどです。

ここで炭水化物や糖を摂ったときの血糖値の上がり方の実験があります。

血糖値の上がる速さ センサを体につけ測定

早い(炭水化物とって10分以内)ご飯のみ     食後休む 順番ごはん先  甘いものバニラアイス 油 揚げチキン

遅い(炭水化物とって20分ー30分)ごはんとたまご、運動する 唐揚げ先    プレーンヨーグルト  蒸しチキン

これから血糖値を挙げないためエネルギー源で消費する、炭水化物と一緒に何かを、油を避けるです。


****** 上の内容はコレステロールを高くする要因です。これに関連した脳卒中の件を述べます。

脳卒中 年間20万人がかかる。現在の最新医療事情を紹介。

手術で血栓をとる。首の血管、脳の血管切開、これは病院の設備、準備により出来る出来ないがある。

これは FAST が重要 : Face、Arms、スピーチ(話せるか)、TIME つまり顔を見る、指の痙攣、話せるか、
それに発症からの時間です。
倒れたら吐くので口を下に、麻痺してる方を上に安静にする。倒れて救急車が来るまでの時間を正確に把握。

水分不足、アルコール、気温差が大きい(風呂場)便秘で血流不足は悪い。
予防、食べ物は : おやつ、赤ワイン、緑茶、チョコレート(ブラック)エネルギー、栄養はゼロの物。
最大因子の高血圧 <- 降圧(カカオポリフェノールが良い、)
ブラックチョコレートが良い理由 : カカオポリフェノールは一酸化窒素が血管を広げる働きがあります。
**********
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア