FC2ブログ

記事一覧

テレビ販売でよく出る、EMS腹筋ベルトについて、その原理と使い方を、電子機器の知識から検証します。のEMS腹筋ベルトについて、いろいろな情報をまとめました。

10:18 2018/08/16

EMSとはどんなもの : EMSとは「Electrical Mascle Stimulatoion」で、
人体に微弱な電流を流し、自分の意思とは無関係に筋肉を動かすことです。
医療機関やプロスポーツ選手も筋肉トレーニングやリハビリに活用しています。
また家庭では「楽してトレーニング」をうたい文句に広がりを見せています。

< EMS機器のサンプルを 2例 >

EMSベルト00題


EMSベルト01題



** EMS機器には次の4っつの革新的な特徴があります。

1 : 楽して、筋トレができる
2 : 他のことをしながら筋トレができる
3 : 自宅で筋トレができる
4 : どこでも筋トレができる

** どこの筋肉でも動かせるのか?

腹筋以外の筋肉のついてのネット関連情報は見かけないのですが、
腹筋の筋トレが主な機能と考えてよさそうです。

** 実際どのようなものなのか?
運動は本来自分の意思で脳から指令を出して筋肉に力をかけて収縮させることで、
筋肉を発達させるものです。
運動に関係なく、また電気信号は高速に発信できるため、楽に筋肉が鍛えられる
という考えです。

実際に脳梗塞などを発症した人が自由に手足が動かせないので、リハビリテーションの
ために使われます。

事情があって、筋肉を動かせない場合の、筋力維持トレーニングの使われる場合があるのです。
例えば宇宙飛行士が宇宙に滞在する場合などです。

****************************

脂肪を減らすには、やはり食生活の改善と有酸素運動による脂肪燃焼が不可欠です。
楽をしながら理想の腹筋を得ることは難しいようです。

効果は次のようなことがあります。

1 : 腹部強度が強化された
2 : 腹部耐久性が増加した
3 : 腹囲が小さくなった
4 : 腹部の中央が刺激されたと感じた
5 : 姿勢が良くなった

6 : 筋トレでメンタルが鍛えられるが期待できます。
 つまり我慢強くなり、体の負荷を大きく取れます。


** 有酸素運動(歩行やサイクリング)での幸せホルモンセロトニン、
快楽ホルモンのドーパミンなどの成長ホルモンが分泌されますが、
EMSではどうか?

有酸素運動状態では、幸せホルモンのセロトニン、快楽ホルモンのドーパミンなどの
成長ホルモンが特に分泌しやすく、これらが気分の向上をもたらすと考えられています。

この件では、やった感はあるが、満足度は低かったというアンケート結果があります。
実際の数値は改善されるのに、あまり喜びを感じることはなかったということです。

これはEMS機器だけでは腹筋はくびれない。それはスリムなお腹
(よくテレビの広告で見るくびれたお腹)になることはないということです。
体重や皮下脂肪の変化は認められないということが通説です。

ここで腹直筋は本来割れています、これを維持するために食生活の改善と
有酸素運動による脂肪燃焼が効果的です。


< エクササイズを3例 >
imww1T


imrrW


zzaxx題



*********************************************

** 有酸素運動と無酸素運動

トレーニングには、有酸素運動と無酸素運動がありますが、それではその違いと
それぞれの特徴、行う場面などを説明します。ただひたすら運動をすれば良いわけではなく
運動をする場面で、どうするべきか、どちらをするべきかがあります。

* 有酸素運動は?

有酸素運動とは負荷(トレーニングの体に与える運動量の大きさ、時間的に言えば激しさです)
は軽から中程度で行います。酸素を作用させて、筋肉を動かすエネルギーである
脂肪を燃焼させることができます。
脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。

それでは有酸素運動とはどんな運動?

水泳、ジョギング・ウォーキング、サイクリングなどが代表的なものです。

有酸素運動で期待できる最大の効果は、体脂肪を燃焼するので、
血液中のLDLコレステロール・中性脂肪の減少が期待できます。
LDLコレステロールは、増加しすぎると動脈硬化の原因となるコレステロールで、
悪玉コレステロールともいわれます。

* 無酸素運動は?

強度の高い運動を、短時間に行う強度の高い運動を指します。
筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出すことからこのように呼ばれています。
全力もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮しやすく、エネルギーの発生に酸素を必要とせず、
糖をエネルギー源として利用します。

* どんな運動が無酸素運動?

短距離走や筋力トレーニング、ウエイトリフティングや投てきなどの短時間かつ
運動強度の高いもです。
効果として、筋肉量を増やし基礎代謝を高めることが期待できます。

無酸素運動で期待できる効果は、筋力を瞬発的に発揮するパワーを高める効果が
期待されているので、筋肉そのものを強化することができます。
これにより基礎代謝を高めることができます。

* まとめ

有酸素運動は酸素を使用し時間をかけて行う継続的な運動です。
無酸素運動は酸素を使用せず短時間で行う強度の高い運動のことです。
両者の違いは、運動の強度と、使用するエネルギー源で、有酸素運動では脂肪酸、
無酸素運動ではグルコースが主に利用されています。

*****************************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなさん

Author:かなさん

日々の色々情報発信サイトへ
ようこそ!!

運営者情報

運営者情報
このサイトの運営者の情報です。

ハードウエア―関連のソフト開発の
シニア―エンジニア―です。

時間に余裕ができたので、
電子機器関連の情報を発信します。

お役に立てば幸いです!!

リンク集

フリーエリア